株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ
 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  次>  [18]

LINEライブ中継

2017.11.17 

先日、「福岡マラソン2017」が行われ

私たちも中継のサポートに行って参りました!

今回もTさんは

42.195kmカメラを持って走ります!!


 

放送はKBC九州朝日放送で放送されたのですが、

今回、私たちも初めての試みの

LINE LIVEによる

携帯回線を使ったライブ配信システム

LIVEUでの中継も行いました!!

 

LINE LIVEとは

いつでも、どこでも、無料でライブ配信&視聴可能!

というなんとも優れもので…

 

走っている生の映像をリアルタイムで配信でき、

その配信されている映像も、

走りながら撮影していた映像でしたが

クリアに配信されていることにとても驚きました!

 

 

テレビ中継では一部しかお届けできない姿も

より多く走る姿をお届けすることでき、

さらには視聴する方々も、地域に関わらず視聴ができるので、

地域限定のテレビ中継などで、

ご家族の方は見れないんだよな…なんて悩みも解決

 

LINE LIVE

いろいろな挑戦ができそうです!

 

 

最後になりますが…福岡マラソン

とっても素敵なマラソン大会でした!

 

天神からスタートし、ヤフオクドームや福岡タワーを

眺めつつ海の方へ!

後半疲れてきたかな…っと思うところで

綺麗な海が広がっているので気分も爽快!

 

 

沿道にも絶えず地元の方々の応援があり

飽きることなく走れるマラソン大会!

是非みなさんも一度参加してみて下さい!

※本当は走りながら海の写真を撮影するつもりでしたが撮影できず…

 是非参加してホンモノをご覧ください!

 

さらに!!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まだまだこのあとも…🏃…🏃…🏃…

 

11月 大阪マラソン

2   東京マラソン

3   静岡マラソン

 

すでにお仕事を頂いているレースです!

マラソン生中継の依頼ありましたら受付ています!

是非ブームアップまで!!

 

社長、ありがとうございます!

2017.11.13 中島洋太郎

こんにちは、1年目ADの中島です。 

 

「社長、ありがとうございます!」

 

この言葉には、今の私にとっては

二つの意味があります。

 

私は先月から、TBSの「ニンゲン観察バラエティー モニタリング」に配属しています。

4月に入社してから、いろんな特番に関わらせていただき、そして、

10月から初めて、レギュラー番組の配属されることになりました。

 

今まで、数々のテレビ局の特番で、いろんな経験をしてきました。

レギュラー番組もまた違う制作スタイルで、まだわからないこともたくさんあります。それでも、日々新しいことを学び、今までの経験を

活かしていきたいと思います。

 

有名な番組の元でお仕事という貴重な機会を与えてくださいました

社長、ありがとうございます!

 

 

もう一つは、今月、私は、誕生日を迎えたということで、社長から

可愛いお花をいただきました!

社長はブームアップからTBSまで、およそ2800mの距離がある中で、仕事の合間を縫って、このお花を僕にプレゼントしてくれました。早速、TBSのデスクに飾らせています!

 

社長、ありがとうございます!

 

これからも感謝の気持ちを忘れずに、頑張っていきたいと思います。


第2の人生スタート

2017.11.10 千野

こんにちは。11月から中途入社致しました千野です。よろしくお願いいたします。
今年大学を卒業し4月から働き始めたのですが、前職は番組制作とは全く違う工場に勤務しておりました。
なぜ全く違う業界にいた私がこの世界に飛び込んできたのかといいますと、昔から漠然と憧れていたというのもありますが、一番大きな理由はどうしても叶えたい目標があったからです。その目標とは、何かに悩んでいる人に対して自分が作った番組を通して勇気を与えることです。この気持ちが日に日に大きくなっていき、学生時代には諦めてしまった目標にもう一度挑戦しようと決意しました。


まもなく入社して一週間経とうという所ですが、基本的なマナーも含め怒られてばかりで毎日が勉強の連続ですが、今までの単純作業の繰り返しに比べると日々新しいことが起きるので、好奇心旺盛な私はワクワクして毎日を過ごしています。この道に進んで心からよかったなと感じております。

では実際にどんな仕事をしているのか一つ紹介させていただきます。
ラテ欄のチェックです。ラテ欄とは新聞のテレビ欄の事です。
何をするのかというと、ラテ欄に載っている実在する人物名をすべてチェックします。地道な作業ですが、発見も沢山あります。芸能人の名前を覚えられる、世間では誰が人気で話題があるのか等々、一見すると地味な作業ですが自分の吸収次第で0にも100にもなると私は思います。


目を凝らして真剣に探します。


人物一覧です。今日はトランプ大統領が1位です。

社長には、この世界で大切なのは浅く広くでいいのでとにかく情報をたくさん知っていることが重要ということを教えていただきました。番組に就いたときに生きてくるので今後も気を抜かず取り組みます。


私自身半年間という期間で自分が本当は何がしたいか見つめ直した結果、多少遠回りをしましたが、ここにたどり着きました。
もしテレビ業界に興味があるけど迷っている方がいたら単純ですが、人生は一度きりだからやらないで後悔するより、とにかく挑戦してみることが一番だと思います。特にこの業界は年齢を重ねるとスタートしづらくなります。
11月といえば多くの学生は就職活動をすでに終えたところではないでしょうか?もしモヤモヤした気持ちを抱えている方がいたら絶対チャレンジしてほしいです。

新人AD奮闘記#1

2017.11.09 ueno


こんにちは。

ご報告が大変遅くなりましたが、7月に入社致しましたウエノです。宜しくお願い致します。

 


私は今回、先日115日放送の「安室奈美恵 平成の歌姫」に携わらせて頂きました。

入社してまもなく9月に放送した「ワールドべたペディア」につき、初めての番組制作で初めてのバラエティ、

次はどんな番組かなと思っていたところになんと安室さんの特番!

私にとって2作目の番組はドキュメンタリーとなりました。

入ってまだまだですが、バラエティの雰囲気はなんとなく分かったところにドキュメンタリーということで、

また初めての体験で分からないことだらけでした。


 

まずは安室さんの過去をリサーチからです。

情報ももちろんですが、過去の雑誌や映像を探したりもしました。

その中でも大変だったのは映像探しです!!

長年活躍されているため、歌番組やバラエティから安室さんが出演している部分をリストアップするだけでも

膨大な量で沢山の時間を費やしました。

ですが私が生まれる前のものや貴重な番組をたくさん見ることができ、楽しくもありました!


 

私は安室さんが当時から人気だったのはどことなく知っていましたが、

タイトルが分からなくても曲を聴くと知っている曲ばかり、ファッションも大流行、まさに時代のカリスマ…!!!

 

絶大なる人気を誇っている方からいろいろな思いが直接聴けるインタビューはとても楽しみでしたし、

実際にデビュー当時のことから先日行われた25周年の沖縄ライブの制作秘話まで聴くことができ、感無量でした。


そんなインタビュー中、私の仕事は速記です。

細かい文字起こしはロケ後に行うのですが、インタビュアーと安室さんのやりとりを簡単に記録しておきます。

簡単にとはいえ、テンポよく進められるインタビューを書き起こすのはなかなか大変な作業です。

重要な箇所を会話の中から聞き漏らさずに、かつ素早く書いていく作業は、

インタビュー後手に力が入らないぐらいでした。

全神経を集中させて取り組んだつもりでしたが、映像を見つつ細かく正確に文字起こしをすると、

抜けている部分もあり反省です…が、この番組に関わらせて頂いたことはとても良い体験となりました!

 

Huluで配信されている「Documentary of Namie Amuro#2の方でも取り上げられているので、そちらも是非!

(私の記念すべき初の映り込みはHuluとなりました!!!)





バングラデシュ

2017.11.02 AK

帰国してから少し日にちが経ってしまいましたが…

皆さまバングラデシュから帰って参りました!!


バングラデシュは日本の4割ほどの国土面積に、

人口は約1億6000万人が暮らすアジアの貧困な国の1つで

洪水、地震といった自然災害にも脆弱で、気候変動による影響を受けやすい国です。


初のバングラデシュは今まで見たことのない光景が多く、衝撃の連続でした。


車移動ではクラクションが鳴り響き車線などお構い無し。

自動車、トゥクトゥク(三輪タクシー)、リキシャ(人力車)、などが入り乱れる道路。


車は日本の企業の名前が記載されたままのものや、

明らかに自分で塗装したような仕上がりのもの。

スラム街の学校では石版をノートの代わりにして勉強する子供達。

道端で物乞いをするおじさん。

果物を売る少年。

自分がどれだけ恵まれているか痛感しました。


そんなバングラデシュの人々ですが、想像とは違った人柄の良さにも驚かされました。

バングラデシュの空港に到着した時の話

トイレを探していると「どうしたの?」と声をかけられ、トイレの場所を教えてくれたお兄さん。 

「バングラデシュは初めて?」「楽しんで!」などとても友好的。

 

首都ダッカを含むバングラデシュ全土の危険レベルは2(2015年10月〜)

「不要不急の渡航は止めてください」とテロに対する特別警戒が継続されている国である為

親切=何か企んでるのでは?と警戒をしていましたが、

バングラデシュの人達は、会う人みんながフレンドリーな人ばかりで親日的でした。


スラム街では

「将来日本に行くのが夢なんだ!」

「日本のどこに住んでるの?」

「日本ってどんなとこ?」など

ずっと僕について来て、質問責めをする少年。

片言の英語で話してみると終始笑顔で頷き、

最後に礼儀正しく「ありがとう」と言って街中に消えて行きました

 

バングラデシュというと、暑い、洪水、貧困というイメージでしたが

様々な問題を抱えながらも人に親切で、強く生きている人々を目の当たりにして

色々と考えさせられるものがありました。


とても良い経験をさせて頂きました。

有難う御座います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yさんありがとうございました!

2017.11.01 

先日1年半ブームアップに勤めて下さったYさんが

この度新しいスタートをきるために

退社されることになり、送別会を行いました。

いつも優しい笑顔で接してくださるYさんは

お話していると楽しく会社をとても温かくしてくださる方でした。

 

そんなYさんの送別会だからこそ、

最後はみんな笑顔でありがとうの気持ちが伝えられたらと…

普段はなかなか来られないディレクター達も合間を抜けてお店へダッシュ!   

 

でも、、本当はとってもとっても寂しいんです。。。

もっともっと、お話したいこと、教えて頂きたいことたくさんありました。

けれども新しいスタートをブームアップみんなで応援しています!

本当にありがとうございました!    

横浜マラソン2017

2017.10.30 夢子

だいぶ寒い日が多くなり

マラソンシーズンとなってきました!

今年も横浜マラソンのマラソン中継で

28日にリハーサルを行いました。

 

現場ディレクターは原稿を確認しつつ

カンペや画撮りを確認…



ランカメチームは実際のランナーを想定してカメラリハーサル    


と……準備をしていたところでしたが

横浜マラソン2017ですが残念ながら天候の関係で中止に…

 

とても残念で悲しいところですが

安全面を考えたうえでは仕方がない判断…

きっと私たちよりも辛い気持ちになったのは、

この日のために長い間準備をされていたスタッフの方々

そして練習を積み重ねてこられたランナーの方々かと思います。

 

みんなの努力の場が今回は発揮することができなかったけれども

この努力や経験がいつかいろいろな形として結びつけばよいなと思います。

 

また、私たちも雨の中でのマラソンカメラリハーサルは初めてだったので、

手元が大変だったり、準備しなければいけないものが増えたり…

雨の場合の想定もイメージしていたのですが

事前に頭の中で想定していた事と違うこともありました。

この経験を忘れることなくまた今後へと繋げていければと思います!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

🏃マラソンシーズン到来 🏃

11月  福岡マラソン・大阪マラソン

2   東京マラソン

3月   静岡マラソン

すでにお仕事を頂いているレースです!

まだまだマラソン生中継の依頼ありましたら受付ています!

是非ブームアップまで!!



ただいま!ブームアップ!

2017.10.23 社内デスク 米山

産休・育児休暇をいただき、今月からブームアップに復帰しました。

みなさんご無沙汰しております!

元気な女の子を産みまして、一児の母となりました米山です。



“元気な赤ちゃんを産んでね”と豪華ランチで社長に見送られてから2年半。

なかなか戻ってこられなかったのは、…色々と理由がありました。

保活なんていう言葉もある今の時代、
働きたいけど働けない環境下にいるお母さん達はとても多いです。

実際、出会ったママの中にも保育園を探している途中で
精神的に疲れてしまい会社を辞めてしまったという方もいました。

東京では、保育園にいれるために
一度離婚する家庭
(シングルマザーになると得点が高いんです)さえもいるんです。

会社の方にも事情があるのはもちろんわかりますが、
自分ではどうしようも出来ないこの状況を
もう少し理解してもらえる世の中になるといいな、とひしひしと感じています。


そんな中、出来る範囲で・環境に合わせて臨機応変に、とのことで
出社日数や時間を調整させていただきこの度復帰をさせてもらいました。

社長を始めブームアップのみなさんには、あたたかく…いや休む前と同じように
接していただき、迎えていただけています。
これって本当にありがたいことだなぁ、と思います。

限られた時間の中で私に何が出来るか?日々考えながら仕事をしています。


子育てしているとなんだか謝ってばかりになる時があります。

「(子供が騒いで、泣き止まなくって)すみません」

「(席を譲ってくれた方に)すみません」



謝ってばかりいるとどんどん気持ちも落ち込んでいきます。

これから周りの人に助けていただく場面も多くなると思います。

なるべく、“すみません”を“ありがとうございます”に変えて
過ごしていきたいなぁというのが目下の目標です!

ブームアップではそこで働く人も応援してくれるので、仕事も子育ても
全力でやっていきたいと思います!

 

 

 

 



 

念願のディレクター

2017.09.29 AK

アナザースカイにアシスタントディレクターとして配属され約2年。


アナザースカイを卒業し、念願のディレクターとして

デビューさせて頂くことになりました。


振り返れば、

アナザースカイで初めてロケに行ったゲストは佐藤栞里さん(ハワイ)

ロケ終わりに、

なんと! 佐藤栞里さんから制作スタッフ全員に

トートバッグを頂くというサプライズ!!

今でも大切に使わせて頂いております。


野村周平さん(台湾) 

BMXがめちゃくちゃ上手!

小さい自転車なので、「乗ると案外できるんじゃないか?」

なんて思ったのは大間違い。

少しだけ乗らせて頂きましたが、すごく難しかったです。

EXILE ATSUSHIさん(ハワイ) 

オフに密着をして、生ピアノ演奏、生歌を披露して頂きました。

テレビでは何度も聞いたことのあるATSUSHIさんの歌声ですが

生の歌声は格別でした!

片岡愛之助さん(スペイン)

今まで観たことのない本場のフラメンコを観賞。

迫力に圧倒され、魂の演舞に感動しました。

アナザースカイに配属されるまで、海外すら行ったことのない私でしたが

アメリカ、台湾、スペイン、イギリス、ルーマニア、ドイツなど

数々の国でロケをさせて頂きました。


俳優、女優、モデル、歌手、スポーツ選手、

その道を極めたプロフェッショナルな方々。

この仕事に就かなければ、決して聞くことのできない人達の

人生観に触れることでたくさん刺激を受けました。


そして、アナザースカイのディレクターの方々。

撮影、編集全てをこなすハイレベルなディレクター集団。



そんな人たちの中で、仕事をさせて頂けた事に感謝です。

アナザースカイという番組は人として成長させて頂いた番組でした。

約2年間の経験は僕にとって最高の財産です。

新たなスタート。

一生懸命 仕事に取り組み 

さらなる飛躍を目指します!!

そして、アナザースカイのディレクターとして戻ってきます。

早速ですが

初めてのディレクター作品としてバングラデシュに行ってきます!!

福利厚生 野球観戦チケット!

2017.09.28 夢子

ブームアップには、福利厚生の一環として、

東京ドームのシーズンチケットがあります!

とってもVIPになった気分で味わえる

素敵な野球観戦チケットです。

なんとご飯は食べ放題のビュッフェも!

因みに、このチケットをどう使うかはスタッフ次第…

ある人は

田舎のお母さんを呼んで親孝行デート

ある人は

ご両親にプレゼント!

久しぶりにご両親がデートにでかけたそうで…♫

ある人は

大の巨人ファンの義理のお母様にプレゼント!

ご自身の株が上がったそうです(笑)

ある人は

ちょっとイイなって思っている友人を思いきってデートに!

結果報告がないので…どうなったのかは…

本当は親孝行をしたいけど照れ臭いし…

本当はあの子とデートしたいけど誘えないし…

みんなの背中をポンッ!と押してくれる素敵なチケット。

みんなの一歩に少し貢献できている気がします。

最後に…

今回の観戦ではすごい瞬間に立ち会えました!

キレイなアーチを描いてスタンドの中に入ったのは…

球団通算1万号ホームラン!

歴史的瞬間!

盛り上がりました!

今年もとても有意義なチケットになりました!

(注)この日はアフロの日だったんですよ

読売テレビ「ワールドべたペディア」いよいよ本日!

2017.09.21 

MC 東野幸治さんと大久保佳代子さんの

 

異色コンビがお送りする!

 

 

日本の定番を世界と比べる決定版!

 

その名も「ワールドべたペディア」

 

 

 

いよいよ、本日9月21日() 

 

日本テレビ系列で夜11時59〜に放送します。

 

 

 

 

写真は、ワンフォアオール!オールフォアワンで臨む「位置決め」です。

 

弊社新人ADも一生懸命、頑張ってます!




日本のべたと世界を比べると

 

 

見えてくる新発見はもちろんのこと

 

 

海外のびっくり!?過激な!?映像、盛りだくさん。

 

 

 

 

そして、スタジオゲストも超豪華!!

 

 

 

連続ドラマ史上初!登場人物ひとり!

 

日本テレビ「我輩の部屋である」に主演する

 

 

Sexy Zone 菊池風磨さん!

 

 

 

実力派芸人

 

千鳥さん!

 

 

今もっとも熱い!

 

ブルゾンちえみさん!

 

 

勢いが止まらない!

 

サンシャイン池崎さんとアキラ100%さん!

 

 

人気急上昇のモデル

 

堀田茜さん!

 

 

そんな、メンバーだから

 

スタジオ収録もおかげさまで非常に盛り上がりました!

 

 

東野さんと大久保さんのありそうでなかった

 

MCトークに、堀田茜さんが意外な〇〇フェチ?

 

さらにブルゾンさんもスタジオであの特技を披露!

 

 

 

読売テレビ「ワールドべたペディア」

 

日本テレビ系列で9月21日() 夜11時59〜

 

をお楽しみに!!

2017夏・24時間テレビ

2017.08.31 ボス
「24時間テレビ・チャリティマラソン」

お蔭様で26年間、この企画に携わってきました。
そして今年も夏が終わりました。

ランナー当日発表とか新しい試みでスタートしたマラソン
でもやることは同じ。
ゴールさせる思い、視聴者に伝えたい気持ちは何も変わりません。

今年は翌日に放送された「マラソンの裏側番組」にて
当日のスタッフの役割なども紹介していましたので
OA画面をお借りしながらBOOMUPの役割を紹介しちゃいます。



まずは、ランナーのサポート、ガードをするためのスタッフに
私も参加し24時間走り続けています。
走っていてアクシデント、ハプニングが起こった時など
真っ先に対応する仕事です!
ランナーに沢山の声援がある中
私も一緒に「ありがとうございます!」と代弁もします!



















休憩ポイントでは
ランナーそしてサポートスタッフに飲み物、食べ物を用意してくれる
スタッフもいます!
水ばかりでは飽きるので炭酸飲料があったり果汁ジュースがあったりと
ケアスタッフならではの心憎い演出に助けられています!



そしてランナーが、どこを走っているかを把握するため
24時間パソコンと向き合いGPSを操作するスタッフもいます。
座ってのデスク作業なので
腰もお尻も痛くなり、簡単そうで意外に重労働です。
ここから全スタッフにランナーの位置、様子を伝えていきます。



サポートランナーの前や横には自転車で完走を目指すスタッフも!
先ほどのGPSを積んでいるため、このスタッフが倒れると
居場所が分からなくなるため、責任重要な役割です。
ここも、お尻、腕が相当痛くなります。

この集団の前には
全コースを把握する道案内役のスタッフもいます。
コース作りの責任者で警察などの応対も含め
ランナーサポートとは違う緊張感も持ち、24時間走ります。
相当タフでないと務まらないでしょう!



それぞれの場所でそろぞれの仕事をこなすプロ集団。
これが24時間テレビのマラソンチームです!
紹介した以外にも色んな担当者が裏方として参加しています。
紹介したのは一部のBOOMUPメンバーの内容です!

完走するという目標・ゴールがあるので
最高の瞬間は、やはり武道館ゴールの瞬間ですね!
ハイタッチで喜び、抱き合い、涙し・・・
大歓声と拍手はランナーに向けられているのですが
勝手に自分に向けての歓声と勝手に思い込み
毎年、夏の戦いが終わります。

26年間続けている理由は
このチームで同じ目標に向かい、達成感を味わえるという
人間の喜びを仕事の喜びを
最大限感じる場所だから辞められないだろうと思います。

そしてマラソンランナーの頑張りを見て
心のどこかで「私も・・・!」という気持ちの芽生えがでてくれると
最高の仕事ができたのではないかと!
何かを感じ取って欲しいです!今後につなげて欲しいです!

生きることは、最高に楽しい!








クイズ番組で知る信頼関係

2017.07.06 新人AD中島

どうも、新人AD中島です。

 

最近、親や友人の方に、自分が制作に参加した番組を見たと聞くと嬉しく感じます。

 

そんな中で今回は、私が特番に参加させてもらったことを書きます。

 

その参加させてもらった番組の名は

「くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー

 

テレビ朝日で6月28日水曜日夜7時から放送されたクイズ番組です。

 

そこで私がやったのは番組制作の一貫としてクイズを作ることです

 

クイズ番組で出されるクイズの問題は、ディレクターとAD1ら作ります。

 

問題を作るにあたり、図書館に行って本を探したり会社でインターネットで調べたり、

ワードで資料を作るの毎日でした。

 

ブームアップ班が担当する問題は一般販売されている複数の辞書の中から引用して作る問題でした。

 

それに従い、各辞書の出版社に「辞書を引用して、クイズの問題として使用しても

いいのかどうか」と電話で連絡をして許可をもらうのもADの仕事です。

 

今までやって来た経験を活かして、複数の会社と交渉をしました。

何とか、全ての会社に許可を取ることができ、番組制作はスムーズに進めました。

しかし、反省及び課題も残しました。

 

声が小さくて、ハキハキ喋らなかった時があったのと

とある会社との交渉の時に、これからメールでの連絡をする際、メールアドレスを教えてもらったのですが、1回で聞き取るができず、2回、3回聞いてしまうという状況に

なってしまいました。

 

そのあとに「何度も聞いてしまうと相手が困ってしまう」と注意を受けました。

普段でもそうなんですが、仕事をスムーズに進めるために他の人が言っていることをなるべく一回で理解する必要があります。その必要性がまた、今回の電話対応でも思い知らされました。

 

一方で、他の会社との連絡のし合いで、番組制作の醍醐味の一つを知りました。

連絡をしていくうちに、「今回、自社の出版物を使用していただき、ありがとうございます」などの感謝のメールや「放送を楽しみにしています」、「いい番組になりますように」などの応援のメールがあり、他の会社との信頼関係を深めている感じがしました。

 

こうして、いざ、収録日になり、本番の時に、その数々の出版社との連絡の上で

完成されたクイズが出題された時は感慨深いものがありました。

 

番組というのはテレビ局や他の制作会社、技術会社だけでなく、他にもいろんな会社や人間と関わっているのだなと改めて、実感したのです。また一つの番組制作の達成感を知ることができました。

 

番組制作は収録や編集とはまた違った視点からでも魅力を感じるものです。

 

そして、無事、放送が終了し、親や友人に「クイズサバイバー見たよ!」とまた連絡が来ました。嬉しく思いました。また頑張ります!

https://ssl.gstatic.com/ui/v1/icons/mail/images/cleardot.gif

 

6月のラテ欄ランキング

2017.07.03 新人AD箱谷
6月ラテ欄ランキング

  1位             藤井聡太      161票
  2位             加計勉       114票
  3位             小池百合子     110票 
  4位             加藤一二三     30票
  5位             ドナルドトランプ  28票
  6位タイ           小林麻央      27票
                 市川海老蔵     27票
  8位             豊田真由子     26票
  9位             羽鳥慎一      24票
 10位             北斗晶       23票

     

    6月のラテ欄ランキング!!なんと棋界から二人も名を連ねました!!
    破竹の29連勝を記録した藤井四段と引退を発表したレジェンド
    加藤一二三九段、6月は一気に将棋界に注目が集まりましたね!!
    その他には都議会選挙に向けて政治の話題が多く取り上げられました!!
    闘病の末亡くなった小林麻央さんもランクインしています。

就職活動と夏バテを思い出す日

2017.06.21 新人AD中島

どうも、新人AD中島です。

最近、じわじわと外の気温が暑くなりまして、夏本番に近づいていますが、

皆さま、夏バテには気をつけてください。

特に就職活動している皆さん


自分は夏バテになりやすい体質で、去年の今頃は

この夏バテになりながら、就職活動をしていました。


食欲が涌かなく、朝昼晩のご飯もいつもより少なめでスタミナ不足

なりがちでしたので、自分が将来仕事ができる機会を得られる

こぞという時の面接などに力が発揮できないで、

いろんな会社の採用に落ちてしまいました。


そんな時に、採用になったのがこのブームアップでした。


自分はこの時、嬉しかったのを覚えています。頑張ろうと思ったことを

覚えています。


今社会人1年目の自分は、目の前のことでいっぱいいっぱいで仕事でたくさんミスをしてしまいます。

ミスをしてしまう理由に会社に採用されて嬉しかった時のことを忘れていたことが

その一つだったのかもしれません。


就職活動している人の中には、うまくいく人いかない人がいて、いかない人は

挫けそうになるかもしれません。

そんな時にもう一度、初めに頑張ろうと思った時、決心した時を思い出すなど初心に

戻ると、もう一度頑張れる気持ちになりますよ。


話は変わりまして、このテレビ業界に入ると、

本当に意外なことだらけなんです。


学生時代見ていた番組に携わってもらったり、

ご飯が美味しい老舗で取材をさせてもらったり、

国会図書館で資料を探すというテレビ局や会社とは違った場所で働いたりするなど。


その都度、与えられた指示のもとで意外な場所へ行ったり、意外な仕事をして、

意外な発見をしたり、意外な知識が身に付いたりと何とも意外だらけですが、

そこがまた魅力的なおもしろいテレビ業界


意外なことが不足していて、当たり前の日常が毎日続いて

退屈だと思う就活生のみなさん、ぜひテレビ業界へ!


ここで!特別に!ブームアップの就職試験に合格する秘訣を教えます。


ブームアップの面接は面接の受け答えの部分だけでなく、


その面接をする前後の”人間性”



にも、面接官はチェックをしています。


ブームアップが求めるのは、人として当たり前の

ことができる人です。


なので、集中して受けてみてください!


あと最後にもう一度、夏バテには気をつけてください。

(それと梅雨の雨にも気をつけてください)

教育する立場・・・でも反省

2017.06.20 ボス
またまた、やってしまった。
完璧を望むゆえにの失敗・・・でも過ちを正さねば成長しないし・・・
でも厳しすぎたかなとも反省。



色鮮やかに咲き誇る花。どれもキレイだ。
そうだ「色んな色に輝く事で良いんだ!」と
怒鳴ってしまってから思っても良くない。
その人ならではの輝きを放てばキレイに輝くんだ。
と反省しました。

昨日の新人ADのブログと一緒に読んでください。

1:最低限、気を使う事を覚えて欲しい。
2:素直に過ちを認め謝ってほしい。ばれる嘘や誤魔化ししても得しないよ!
3:打合せの場で撮影内容の段取り確認をしているのだから、話を聞こうよ!
4:「忘れもないよね」と確認して出発したよね。一番大切な道具を忘れてしまう情けないよ!
5:注意したのに、お願いしたのに無言で去る人。「すいません」「はい」一言でいいんだよ。無言はないよ!
6:携帯で話をしても、目は到着場所をみていないと。出演者が人ごみでキョロキョロしていたんだよ!
7:責任ある行動をしないと、大きなミスにつながるよ!
8:適当に・・・いい加減にの行動はダメ。どんな場面でも状況を理解し判断するのは大事なんだよ!



走りながら、葉っぱの先が謝っている姿が、自分と重なってしまう。

・相手の気持ちを考え行動しよう!
・一度注意された事は、二度と注意されないように!
・「連絡・報告・相談」ホウレンソウを忘れずに!

研修では何度も説明してきたのに本番で生かされていないショック。

ただ、社会人3か月目には高度なレベルを求めるのがいけなかったかもと反省。
でも、仕事の現場で大きなミスをしてはいけない!
何度も打合せをし、構成台本を書き、スポンサーに許可をもらい
何より、信頼されて仕事を受け、お金ももらうのだから!
プロとしての仕事。プロとしての自覚。

一人の行動ですべて台無しになることもあるのだから。

では、厳しく注意しすぎたのかな・・・・・・・・・・・・・。



走りながら「ゆっくり走行」という文字が。
急ぎすぎたのかも・・・と反省。

人それぞれの色を出し輝く・・・大切だよね!

今回の経験をお互いに活かせるとイイね!







「怒られてしまった。」

2017.06.19 新人AD中島

社会人になりこんなに怒鳴られたのは初めてです。
(人生でも初めてかもしれません)

この失敗を次にいかすためにも
注意された内容をブログに残したいと思います。

大手スポーツメーカーのイベントを任され
朝から夕方の本番までにおこった出来事です。

(怒)は注意を受けた強さの表記です。

1: 他社メーカーのロゴ入りシャツを着て仕事をしていた(怒)
2:叱られたとき、嘘をつきごまかそうとしてしまった(怒・怒)
3:ディレクターが出演者に打合せ中、話を聞かずに携帯を触っていた(怒)
4:カメラと伝送機を繋ぐケーブルを忘れ生配信ができなかった(怒・怒・怒)
5:指示を受けているのに返事もせず作業を進めた(怒・怒)
6:出演者が到着するのを見張っているように指示を受けるも携帯で話をしていて気付かず(怒・怒・怒)
7:内容を理解していなく、いい加減な事を出演者に伝えてしまう(怒・怒)
8:携帯のバッテリーが無くなると聞いていながら大切な要件をメールで伝えてしまう(怒・怒)

この倍は正直注意を受けたかもしれません。

この内容だけでは、わかりにくかもしれませんが
次の人達に役に立てばと思います。

大きなイベントに緊張していたのか
研修で学んだ事をいかすことができませんでした。
叱られて落ち込んでいたのも要因だと思います。

イベントは会場も盛り上がり大成功と聞きました。
しかし自分の気持ちは盛り下がりまくり。

仕事中に涙したのも大反省です。

さらなる壁へ!

2017.06.07 新人AD中島
こんにちは
新人ADの中島です。


今回はじめて、"特番"に
参加させていただいた経験をここに書きたいと思います。

その携わった番組はテレビ東京で放送された
バナナマンのほとんど誰も知らないスポーツの世界」

昔のスポーツ映像の中からハプニングや、あまり知られていないスポーツの
ルールなどを取り上げ、厳選しクイズをする番組です。

その番組のスタジオ収録の時に日本テレビのおしゃれイズムの時と同様にカメリハで、
出演するタレントを演じる役をまかせられました。

おしゃれイズムの時の反省を活かし、恥ずかしがらず、与えられたタレントの役を
演じました。
スタジオの小道具の1つであるクイズのボタンも押しました!(人生ではじめてです)
そして、カメリハはスムーズに進むことができました。

一方でこの特番を携わった中で、はじめての経験、さらなる反省もありました。

この番組は演出上、過去の映像を取り上げるということで、ディレクター、
プロデューサーの要望の映像をテレビ局での映像倉庫で探しだすのもADの仕事です。
さらに、過去の映像の資料となりえる雑誌、記事、書籍を国会図書館で探しました。

番組で過去の映像を流すということを成り立たせるのに必要なのはADの探索力、
情報収集力・・・
これまで自分が知らなかった1つの番組制作の段取りがそこにありました。

自分にはまだ、何を探すのかという自覚がなく、
あまり、効率の良い行動が出来ず、注意されることがありました。

どの仕事にもいえることですが、与えられた指示通り動く、探すだけでなく、
"別の意味"で自分の頭を使い、行動しなければいけないと分かりました。

また、更なる壁が自分の前に立ちはだかったのです。

2017年5月度月間ラテ欄ランキング

2017.06.02 新人AD中島

こんにちは。

2017年5月度月間ラテ欄ランキングを発表したいと思います!!

5月1日〜5月31までの1か月間、

新聞のテレビ欄に最も多くの名前が挙がった今注目の方々はこちら!!

 

👑1位    トランプ大統領 61票

2位    眞子内親王   57票

3位    稀勢の里    50票

4      森友寛     39票

5位    マツコ・デラックス 38票

6位    高安晃     33票

7位タイ  有吉弘行    29

       加計勉  

9位    羽鳥慎一    27

10位   金正恩総書記  26

以上です!2017年5月度月間ラテ欄ランキングでした!

逆境に立ち向かえ!

2017.06.01 新人AD 箱谷
同期入社の二人がレギュラー番組に配属が決まった夜
社長に誘われて飲んだ。
「悔しいか?」
「正直、悔しいです」
素直に気持ちを伝えた。
先に越されたショックと勝負に負けた敗北感があった。


「プロ野球選手の負け投手みたいなもんだよ」
社長に言われた言葉の意味がわからなかった。
能力があるのに勝ちに恵まれない・・・
ここぞ!という所で打たれて点を取られる負け投手。
・・・という事らしい。

プロ野球選手になれるのは、一握りの勝ち組み
テレビの世界に入り、勝ち組みには入れているのだから
頑張り次第で、まだまだチャンスはある!
逆にレギュラー番組では出来ない
色んな仕事をまだまだ学べるチャンスかもよ!

社長に励まされ落ち込んだ気分も吹っ飛びました。

人生プラス思考でで考えるべきだとアドバイスされた。

逆に社長の下で、まだ勉強が出来ると嬉しく思えた 。

いざ出陣!!

2017.05.30 新人AD近藤
こんにちは。
新人ADの近藤です。


いきなりですが、
遂に明日からアナザースカイへ配属されることが決まりました!!

早く番組につきたいという気持ちを常に持っていましたので、
嬉しい気持ちでいっぱいです。


しかしながらもちろん不安がないわけではありません。
というのも研修期間で私たち新人は
あらゆることを経験させていた
だきました。

経験させていただいたことをあげればキリがないのですが、
何度もダメ出しされて、やり直して、
またダメ出しされて、
といった毎日でした。

そのなかでテレビ制作という仕事がどれだけ大変なのか、
またどれだけ細部にこだわらなければいけない仕事なのかを
身をもって教えていただいたと思っております。
1人の人間としても、テレビの制作者としても
本当に得るものが多い研修期間でありました。


これから番組に配属されて、
今まで以上に壁にぶつかることが多くなると思います。
けど自分の人生を振り返れば、サッカーひとつを取っても
うまくいくことよりもうまくいかないことがほとんどでした。

うまくいかなくても楽しんで明るく、
持ち前の負けん気で乗り越えていきます!!





こちらの写真は配属が決まったということで、
会社近くの神社で必勝祈願をしてまいりました!
勝ち負けとかではないのですが、
気合いを入れ直させていただきました!!


難しい仕事であることは重々承知でありますが、
全力を尽くしてがんばりたいと思います。
これからもよろしくお願いします!!

「スタート」

2017.05.30 新人AD阿部

こんにちは。

新人AD阿部です。



私は極度の暑がりなので、最近の暑さに参っています。

みなさんも体調管理を十分にしてくださいね。



さて、長いようで短かった約2ヶ月の研修期間も今日で終わります。

様々なことで怒られましたし、時には褒めて頂くこともありました。



そんな阿部もいよいよ明日から番組につくことになりました!

担当番組は「おしゃれイズム」です!!!

番組の名前を言い渡されると“いよいよ”という感じがします。



ご指導してくださった先輩方の名に恥じぬよう、会社の恥じぬよう、

これまで研修で学んだことを常に意識し、実践しながら、

番組に貢献できるよう尽力していきたいと思います!!



私はここからが本当の「スタート」だと思っています。

多くの人に「阿部いいね。」と言ってもらえるように頑張りますので、

よろしくお願い致します!!




リベンジ!!

2017.05.19 新人AD阿部

こんにちは。

新人AD阿部です。

今回は前回の反省を胸に、

先日おしゃれイズムのカメリハにリベンジさせて頂いた時のことを書こうと思います。



前回、恥じらいを捨てきれずダメダメだった私たち。

いつもならもっと声が出るはずなのに...

いつもならもっと明るく振舞っているのに...

終始恥じらいを拭えぬままカメリハを終える形となり、

Sプロデューサーからは「あれじゃ全然ダメだな」とお叱りを受けました。


そして、前回のカメリハでは出番さえ与えられなかった私は今回、

スペシャルゲストの芸人さん役で参加させて頂きました。


まずスタジオに入ると早々、先輩AD Oさんに「○○さん役出来る人〜」と言われ、

すかさず「僕やります!」と意気込みました。

それからカメリハが始まるまで、スマホで芸人さんの動きを確認し、頭に叩き込みました。

いざカメリハが始まると、先程までの穏やかなムードとは違い、いつもの緊張感に。

他の役で参加している仲間たちも前回の反省を活かして奮闘していました。

そして、いよいよ自分の出番。

ゲストと芸人さんの立ち位置とネタの動きを音と合わせながら見たいという事でしたので、

ゲスト役のHディレクターの目の前で、音に合わせて全力でネタを披露すると...

「あぁ〜そういう芸なのね、どういう芸なのか分からなかったから、ありがとう。」

と言って頂けました。



その後も、Hディレクターとすれ違う度に声を掛けて頂けるようになり、

少しは前回のリベンジが果たせたかなと思います!


今回のリベンジの感覚を忘れずにこれからも常に全力で、

番組のためになる働きをしたいと思います!!

よろしくお願い致します!




写真は、出演者目線のスタジオ風景です!!

皆さんいかがですか?

ワクワクしているという方はやはりテレビ業界に興味があるのかもしれませんね!

いつでもお待ちしています!!


東京ドームにて

2017.05.17 新人AD箱谷

こんにちは!

新入社員の箱谷です。

 

昨日、社長に阿部君と三人で野球観戦に連れて行ってもらったので今回はそのことについて書きます。

 

去る516日、18時のプレーボールに間に合うように私たちは会社を後にし、電車に乗り込みました。東京ドームへ向かう電車の中や駅ではオレンジのバッグなどを持ったジャイアンツファンの方が散見され、今からプロ野球を見るという高揚感と、僕も何かオレンジのものを身にまとって来るべきだったと少し後悔の念に駆られました。

 

最寄り駅の水道橋駅に着くとたくさんのジャイアンツファンがいました。

私は大阪出身なので甲子園や京セラドームに行ったことがあるのですが、熱狂的で有名な阪神ファンに負けず劣らずの盛り上がりでした。(ちょっとだけ阪神ファンのほうがうるさかったかな)

 

いざ、球場内に入ると試合前にもかかわらずたくさんの観客がいてかなり盛り上がっていました。特にライトスタンドはすごかったです。

 

グラウンドではヤクルトの選手たちがノックを受けていました。

俊敏な動き、華麗なグラブさばき、送球の正確さ、肩の強さなどに感銘を受けました。

やはりプロの選手たちは動きが違うなと小・中学生の時、野球をしていた私は改めて感じました。

私自身プロ野球を見るのはかなり久しぶりで、小学生の時以来だったと思います。

今回の試合でまず私が感じたことは観客を楽しませるための企画や選手のプロモーションがしっかりされていると感じました。試合前のプチ運動会や、グラウンド整備中のミニゲームなど充実したラインナップが並んでいました。

 

そして、いよいよ試合開始です。私たちはビール片手に応援します。

後攻のジャイアンツがまず守りにつきます。

先発投手はエースの菅野投手でした。野手が守備につく際スタンドにボールを投げ入れていましたが、ボールは来ませんでした。チャンスがあれば全力でキャッチしに行く覚悟だったので残念です(泣)

 

菅野投手はほぼ完ぺきな立ち上がりを見せ、エースの貫録を見せつけてくれました。

その裏の攻撃、4番の阿部慎之助選手の2ランホームランが飛び出しました。逆方向のポール際へのホームランで、技術の高さをまざまざと見せつけてくれました。あの当たりがホームランになるのは相手ピッチャーがかわいそうです。

そして待ちに待ったジャイアンツ名物タオル回しです。球場のジャイアンツファンがオレンジのタオルを回します。写真で伝わるのかわかりませんが、載せます。

まさに圧巻の一言です。球場がすばらしい雰囲気に包まれ、オレンジに染まりました。

私たちも必死になって回しました。

試合はその後落ち着きを取り戻し、かなり速いテンポで進み、ジャイアンツが5-1で勝利しました。

私の中で最も印象に残っているのはジャイアンツの選手ではないのですがバレンティン選手の豪快なホームランです。あの打った瞬間にホームランだとわかる打球はさすがの一言でした。あの打球を見るだけでお金を払う価値があります。

 

試合後、球場のお寿司屋さんで社長にごちそうになり、球場を後にしました。

 

ジャイアンツが勝ち、気分の良いまま帰ることが出来ました。

よくテレビで見ていた東京ドームでのジャイアンツの試合を現地で見ることができ、素晴らしい思い出になりました。

 

ありがとうジャイアンツ、ありがとう東京ドーム

生放送の現場

2017.05.16 新人AD箱谷

こんにちは!

新人ADの箱谷です。

 

513日、14日に「AbemaTV FRESH!」で生放送された「クレイのポジティブTVの現場に

参加させていただきました

 

今回はそのことについて話をします。

 

まず私たち新人ADはこの生放送に出演されるタレントさんたちのリサーチを

行いました。

 

番組を盛り上げるための話題や、視聴者の方々が興味をもっていただけるような質問を

ブログやtwitterなどからピックアップしていきます。

どんな情報をつかめば番組で使うことが出来るのか、

また、番組を円滑に進めることが出来るのか、

そのようなことを考えながら情報を探っていきます

 

この情報をもとに番組の構成が決まっていくため重要な作業です

なかなかいい情報が出てこず苦戦することもありましたが、

なんとかまとめることが出来ました

 

続いての作業はテロップ作りです

番組内で使用される告知や、タレントの方の名前等たくさんのテロップが必要になります

今回私はあまり関わりませんでしたが、どのようなテロップにすれば見栄えがいいのか、

視聴者の方に見やすく正確に伝えるにはどうすればいいかを試行錯誤していました

 

非常に骨の折れる作業だと感じました

 

何度かの会議も経て、修正を加え、なんとか準備が整いました

いよいよ生放送の本番です

出来る限りの準備はしましたが、不安は拭えません

そして生放送当日、現場につくと準備が始まります

カメラにきれいに映るようにゲストの方が座る椅子の位置を微調整したり、

足りない物を買い出しに行ったりしました

 

収録番組のカメリハにも何度か参加させていただきましたが、

今回は生放送のスピード感を感じました

 

いざ生放送が始まると現場に緊張感が張り詰めます

私はカメラを少しだけ触らせていただきました

操作することは30分に一度程度でしたがかなり緊張しました

 

また今回の生放送では二日間で計8組のタレントさんが出演されたので

入れ替わりの際も迅速にゲストの人数に合わせて椅子の位置を変えたり

資料を入れ替えたりと限られた時間で行いました

 

 

なんとか二日間の生放送を終えることが出来ました

私にとっては緊張していてあっという間の生放送でした

生放送という緊張感のある現場に携わることが出来ていい経験になりました

 

また、やはりタレントの方々はオーラが違うなと感じました

乃木坂46が好きな私としては見たことがなかったアイドルの方々を近くで見て

新たな発見があり、勉強になりました。

そして最後に片付けを終えスタッフの方々に挨拶をし、現場を後にしました

 

帰り道、社長に中華料理をごちそうになりました

春巻や、チャーハン、エビチリなどが普段行くようなお店の中華料理とは

全然違う味で大変おいしかったです

普段あまりお酒を飲まない私ですが今回はいただきました

この日のビールは今まで飲んだビールのどれよりもおいしかったように感じました

きっと緊張から解かれ、疲れもあったからだと思います

 

残念ながら生放送の現場の写真を撮り忘れてしまったので今回は中華料理の写真を載せようと思います


初任給で母の日祝う

2017.05.15 新人AD阿部

こんにちは。

新人AD阿部です。

昨日は母の日でしたね!

みなさんカーネーションなどのお花をプレゼントしたことでしょう。

それでは、何故母の日にカーネーションを贈るか知っていますか?

その歴史は約100年前まで遡ります。

米フィラデルフィアに住む、アンナ・ジャービスという女性がウエストバージニアで行われた母の追悼式に、

母の大好きであった白いカーネーションを捧げた事から始まったとされています。

今では母が健在であれば赤、亡くなっている場合は白という流れが一般化しました。

ここでは「母が大好きであったカーネーション」という所がポイントですよね。

私の母は「お肉」が大好きなので、

私は柄にも無く、初任給で家族に“鉄板焼き”をご馳走してきました!!

!!!奮発!!!

「社会人になって初めてもらったお金」で家族にご馳走をする。

なんだかとても感慨深いですよね。

大人の階段を5歩くらい上ったような気分になりました。笑

ここまで育ててくれた家族みんなに感謝です。

もう自分がこんな年になるなんて...

時が流れるのは早いですね。笑

カウンター席で鉄板焼きに舌鼓。

 



久々にこんなにおいしいお肉を食べました。

黒毛和牛はやはり最強ですね。

最高においしかったです。

美味しいお肉ももちろんそうですが、何より、

こういった家族団欒の場が日頃の疲れを一気に吹き飛ばしてくれるのだなと感じましたし、

以前より家族との時間を大切にしたいと思うようになりました。

覚悟は出来ていたものの、いざ会計!

となると若干震えていたという事実は内緒にしておきましょう。笑

母も喜んでくれたので、とても充実した良い1日になりました。

あの笑顔で、また仕事も頑張れそうです!!

以上、新人AD阿部でした!

初給料で母に感謝!

2017.05.15 新人AD近藤

こんにちは。

新人ADの近藤です。

 

入社してから一か月半という時間がたち、

色々な経験をさせていただいております。

これからも初心を忘れずに頑張ります!!

 

 

さて、みなさん昨日は何の日だったか、もちろんご存知ですよね!

 

 



そうです。

僕の誕生日です。

 

 

 



嘘です「Happy Mother’s day」です!「母の日」です!

僕の誕生日は1217日です!よろしくお願いします!!!!!!


 

ということで我が家では昨日家族でディナーに行ってまいりました

土日でとある番組の生放送の収録があり、

それを終えて多少疲労が残る中向かったのですが、

仕事の話からプライベートの話まで、

とても楽しい時間を過ごすことができ、疲れも吹っ飛びました!!

 

 

ご飯を食べながら話していると

ふと思いました。

なんだか家族そろって話をするのも久しぶりだなと。

 

私は三兄弟の真ん中であり、今では兄と私が就職しているため

同じテーブルに揃ってご飯を食べる時間がほとんどありません。

また、ゴールデンウィークなどの祝日ではそれぞれの予定があり、

祝日でも家に揃うことはあまり多くありません。

 

といったことを考えていると

なんだか「母に感謝を伝える日」ではあるのですが、

「母の日」そのものにとてもありがたみを感じました。


何も言わなくても母への感謝から

皆が予定を空けて家族が揃う日、それが「母の日」なのです。

 

 

これからもこのような素晴らしい「母の日」を毎年忘れずに

感謝を伝えられればと思います。

 

 

最後に私が母の日の贈り物としてプレゼントしたカーネーションでお別れです。

初めて頂いた給料で今までよりも少しお高いお店で購入しました。笑


 


 


みなさん今週も頑張っていきましょう!!

最強スポーツ男子頂上決戦

2017.05.09 ボス
究極の男は誰だ!?
最強スポーツ男子頂上決戦
TBSにて5月11日(木)19時〜放送!!


究極の肉体美を誇るスポ男に
クレイ勇輝も選ばれ真剣勝負をしてきました!


どの選手も真剣そのもの。
我こそがNO.1だ!と自負して集まったメンバー16名
朝からピリピリとした緊張感を味わってきました。
結局、最後まで、この緊張感は続きましたが・・・・。



ファン心理でいうと会場内はアトラクション化していて
様々な種目で競いあうので色んなセットが置かれ興味津々。
TBSの美術さんの優秀さを目の当たりにしてきました!

どの競技にもドラマがあり
影で見守る出場者のマネージャーさん達にも熱い思いがありと
放送される以上の面白さが味わえ充実した日を過ごしてきました!

クレイ本人はというと
翌日は筋肉痛で大変でしたが
「男の勲章でしょう!」と部外者の私は笑って健闘を称えました!

どんな熱線が繰り広げられるか!?
どんな肉体美が輝くか!?
どんな新星が現れるか!?

そしてクレイ勇輝の活躍はいかに!!



http://www.tbs.co.jp/spodan/

GW休暇

2017.05.08 新人AD箱谷

こんにちは!

新人ADの箱谷です!

入社から早一か月、右も左もわからずあっという間に過ぎていった4

そして気づけばもうゴールデンウィークが終わり5月中盤

すっかり暖かくなってきてしまいました

 

さて、私はゴールデンウィークのお休みを利用して3日間実家に

帰省させていただきました

今日はそのことについて書こうと思います!

 

私の実家はどこかというと

何を隠そう大阪です!

 

ブログ3回目の登場にして重大発表です

そう。実は私は大阪人なんです!!

生まれた時から大学卒業までずっと大阪にいました

性格は世間がイメージする大阪人とはかけ離れていますが

もれなく大阪に誇りを持っています

 

自己紹介はこの辺りにしておいて

 

火曜日に仕事が終わり、その足で新幹線に乗り込みましたが

時間が遅かったため新大阪駅まで両親が車で迎えに来てくれました

家まで車内では母親から仕事や生活について質問攻めです

このブログを見ているらしく、同期のメンバーについても質問攻めを受けました

本当に質問攻めに疲れました

と同時にこのブログの意義を実感することができました

 

なにはともあれ、実家はやはり落ち着きます

一人暮らしをするまでは家事はほとんどやったことがありませんでしたが

たった一か月間ですが一人暮らしをしたことでその大変さに気づきました

感謝が足りていなかったと思います

 

また帰省中、高校時代からの友達と食事に行くことが出来ました

4年ぶりに会う友達もいて昔話や近況の話に花が咲きました

食事中のため変顔風です(笑)

 

高校生の時にはそれぞれの今の状況は全く想像できませんでした

そう考えると自分を含め、みんなが5年後10年後どうなっているのか

楽しみであり不安であります

 

私は不安のほうがすこし大きいですが、私の母校の卒業式で堀江貴文さんが言っていた

言葉を胸に頑張りたいと思います

 

それは「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」です

 

今を一生懸命生きて良い未来にできるようにしたいと思います

 

カメリハの壁

2017.05.02 新人AD近藤
こんにちは!
新人ADの近藤です!

先日初めておしゃれイズムのスタジオに行き、
カメリハに参加させていただきました。

そこで今回は初めてのカメリハで経験した失敗談を紹介できればと思います。

カメリハとは言葉の通りカメラリハーサルの略です。
実際に撮影で使われるカメラを使ってカット割りやアングルを決めることを主な目的としています。
それぞれのアングルで番組のセットはどのように映るのか、
出演者同士の距離は適当か、といったことを確認していきます。

カメリハでは本番さながらの緊張感がスタジオにあり、
自分もその場にいるだけで緊張してしまいました。
実際はテレビ局の中を歩くだけでも緊張してました!笑

そんなこんなでカメリハはスタートし、私たち新人AD4人は出演者のダミー役として
カメリハに参加させていただきました。
ダミー役を実際に置き、タレントさんの動きを事細かに確認していくので、
とても重要な役割です。
ここで私たちに求められたことはいかに恥じらいを捨てて、
出演者を演じることができるか、ということです。

リハーサルを通して、随所にディレクター、演出、カメラマンさんのこだわりを見ることができ、
しっかりと自分の役目を果たさなければ、という気持ちが強くなっていきました。


しかし結果は大失敗でした。
恥じらいを捨てきれず、私たちは最初から最後まで小さな声で役を演じてしまいました。
その回のゲストはミュージシャンの方で、収録では観覧のお客様を巻き込んで
いつもコンサートでやっているファンとの掛け合いを披露するというシーンがあったのですが、
リハーサルではゲスト役を任された私は真似をするどころか
声も聞こえないくらいの中途半端な演技になってしまいました。

また、「モニター見すぎ!」といった注意も何度か受けてしまいました。
求められていた「演技力」「対応力」がまったくありませんでした。
その場にいたスタッフの方々に終始迷惑をかけてその日のカメリハは終わりました。

その後収録にも立ち会わせていただいたのですが、あらためてカメラの前で
求められた仕事をしっかりとこなしているタレントさんの凄さがわかりました。
もうトークのテンポが良すぎてバルセロナのパス回しを見ているようでした!笑


全てのスケジュールが終わってから当番組のプロデューサーの方か
「全然ダメだ」というお言葉を頂きました。
大事な確認作業が自分たちのせいで十分にできなかったと思うと
当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

また、参加する前から社長や普段指導して頂いているディレクターのTさんから
カメリハでの注意点を教えていただいていたにも関わらず、それを実践できませんでした。
次のカメリハではなんとしても番組の手助けができるよう、心を入れ替えてがんばっていきます!!

最後にとりあえず目の前のことで頭がいっぱいなカメリハ中の近藤でお別れです!
体が少し大きくて頭が飛び出てるのが近藤です!