株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ » クイズ番組で知る信頼関係
 

クイズ番組で知る信頼関係

2017.07.06 新人AD中島

どうも、新人AD中島です。

 

最近、親や友人の方に、自分が制作に参加した番組を見たと聞くと嬉しく感じます。

 

そんな中で今回は、私が特番に参加させてもらったことを書きます。

 

その参加させてもらった番組の名は

「くりぃむ VS 林修!超クイズサバイバー

 

テレビ朝日で6月28日水曜日夜7時から放送されたクイズ番組です。

 

そこで私がやったのは番組制作の一貫としてクイズを作ることです

 

クイズ番組で出されるクイズの問題は、ディレクターとAD1ら作ります。

 

問題を作るにあたり、図書館に行って本を探したり会社でインターネットで調べたり、

ワードで資料を作るの毎日でした。

 

ブームアップ班が担当する問題は一般販売されている複数の辞書の中から引用して作る問題でした。

 

それに従い、各辞書の出版社に「辞書を引用して、クイズの問題として使用しても

いいのかどうか」と電話で連絡をして許可をもらうのもADの仕事です。

 

今までやって来た経験を活かして、複数の会社と交渉をしました。

何とか、全ての会社に許可を取ることができ、番組制作はスムーズに進めました。

しかし、反省及び課題も残しました。

 

声が小さくて、ハキハキ喋らなかった時があったのと

とある会社との交渉の時に、これからメールでの連絡をする際、メールアドレスを教えてもらったのですが、1回で聞き取るができず、2回、3回聞いてしまうという状況に

なってしまいました。

 

そのあとに「何度も聞いてしまうと相手が困ってしまう」と注意を受けました。

普段でもそうなんですが、仕事をスムーズに進めるために他の人が言っていることをなるべく一回で理解する必要があります。その必要性がまた、今回の電話対応でも思い知らされました。

 

一方で、他の会社との連絡のし合いで、番組制作の醍醐味の一つを知りました。

連絡をしていくうちに、「今回、自社の出版物を使用していただき、ありがとうございます」などの感謝のメールや「放送を楽しみにしています」、「いい番組になりますように」などの応援のメールがあり、他の会社との信頼関係を深めている感じがしました。

 

こうして、いざ、収録日になり、本番の時に、その数々の出版社との連絡の上で

完成されたクイズが出題された時は感慨深いものがありました。

 

番組というのはテレビ局や他の制作会社、技術会社だけでなく、他にもいろんな会社や人間と関わっているのだなと改めて、実感したのです。また一つの番組制作の達成感を知ることができました。

 

番組制作は収録や編集とはまた違った視点からでも魅力を感じるものです。

 

そして、無事、放送が終了し、親や友人に「クイズサバイバー見たよ!」とまた連絡が来ました。嬉しく思いました。また頑張ります!

https://ssl.gstatic.com/ui/v1/icons/mail/images/cleardot.gif