株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ » バングラデシュ
 

バングラデシュ

2017.11.02 AK

帰国してから少し日にちが経ってしまいましたが…

皆さまバングラデシュから帰って参りました!!


バングラデシュは日本の4割ほどの国土面積に、

人口は約1億6000万人が暮らすアジアの貧困な国の1つで

洪水、地震といった自然災害にも脆弱で、気候変動による影響を受けやすい国です。


初のバングラデシュは今まで見たことのない光景が多く、衝撃の連続でした。


車移動ではクラクションが鳴り響き車線などお構い無し。

自動車、トゥクトゥク(三輪タクシー)、リキシャ(人力車)、などが入り乱れる道路。


車は日本の企業の名前が記載されたままのものや、

明らかに自分で塗装したような仕上がりのもの。

スラム街の学校では石版をノートの代わりにして勉強する子供達。

道端で物乞いをするおじさん。

果物を売る少年。

自分がどれだけ恵まれているか痛感しました。


そんなバングラデシュの人々ですが、想像とは違った人柄の良さにも驚かされました。

バングラデシュの空港に到着した時の話

トイレを探していると「どうしたの?」と声をかけられ、トイレの場所を教えてくれたお兄さん。 

「バングラデシュは初めて?」「楽しんで!」などとても友好的。

 

首都ダッカを含むバングラデシュ全土の危険レベルは2(2015年10月〜)

「不要不急の渡航は止めてください」とテロに対する特別警戒が継続されている国である為

親切=何か企んでるのでは?と警戒をしていましたが、

バングラデシュの人達は、会う人みんながフレンドリーな人ばかりで親日的でした。


スラム街では

「将来日本に行くのが夢なんだ!」

「日本のどこに住んでるの?」

「日本ってどんなとこ?」など

ずっと僕について来て、質問責めをする少年。

片言の英語で話してみると終始笑顔で頷き、

最後に礼儀正しく「ありがとう」と言って街中に消えて行きました

 

バングラデシュというと、暑い、洪水、貧困というイメージでしたが

様々な問題を抱えながらも人に親切で、強く生きている人々を目の当たりにして

色々と考えさせられるものがありました。


とても良い経験をさせて頂きました。

有難う御座います。