株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ » おしゃれイズム スタジオ潜入記
 

おしゃれイズム スタジオ潜入記

2017.12.01 千野翔汰郎

こんにちは!AD千野です。

とってもテンションの上がることがあったので今回はそのことについて書かせていただきます!

 

先日、おしゃれイズムのスタジオに行ってきました。

今回私はカメリハという役目があって呼ばれました。

カメリハとは、カメラリハーサルの略でカメラの動きや被写体の位置や動き、

音声や照明の具合をチェックするために行うリハーサルのことです。

 

テレビ局に入るのはもちろんスタジオを生で見るのも初めてだったので、

「日テレだ!!」「テレビで見ていたセットだ!!」「ゲストの方が出てくるところはこんな感じなんだ!!」と、恥ずかしながら心の中ではかなり興奮していました。

気になりすぎてスタジオを隅から隅まで見たいところでしたが、

仕事なので必死に平静を装いました。


 

カメリハが始まると細かい指示がたくさん飛びます。

カメラを見ながらセットや演者の椅子の位置など、

大きく移動するものもあれば数センチ単位の微調整もあります。

テレビを見ているときはセットの位置や後ろの椅子の向きなど

気にも留めていなかったので、裏ではここまでしていたのかと思いビックリしました。

 

何か出し物があればテーブルに置いた時に、バランスや見栄えがいいかなど

完璧になるまでリハーサルをしていきます。

また出し物に関する情報が手カンペや資料に漏れなく書いてあるかも確認します。

質問が来た時には必ず答えられるようにしておかないといけません。


 

ついに端で見ていた私にも出番が。Dの方に呼ばれて森泉さんの位置に座ってと言われ参加です。

あの赤いイスはとても座り心地が良かったです。

マイクもつけてもらいモニターをちらっと見ると自分が写っています。

緊張?のせいか表情が暗い。

これは現実なのか?と思う程テレビの中に入った気分でした。ここだけ見ると本番そのものです。

沢山のカメラに囲まれ、なんだか芸能人になったような気分になりました。


 

しかし、浮かれていたところに悲劇が起きます。

出されたおにぎりを食べるシーンがあり、実際に食べようとテーブルに手を伸ばした時、

「ガチャン!」と音が。膝の上に置いていたマイクを落としてしまったのです。

「ヤバい!」と思いすぐ謝りましたが、先輩方からは「マイクは高いから絶対に落とすな!!」

「次やったら10万で弁償してもらうから!!(笑)」というお叱りの言葉を受けました(泣)

この時はおにぎりの味も感じないくらい頭がパニックになりました。



現場の空気が若干悪くなったのを感じ、反省しつつ何とかカメリハをやり切りました。


 

これ以外にもカメリハではバミテ(ビニールテープ)をズボンに貼ってセットの位置が決まった時には目印となるようにバミるという作業もあります。

想像がつく方も多いともいますが、ザ・ADといった仕事です。

カメリハ後は本番中電池が切れないように必ずインカムの電池をすべて交換します。


このような流れでカメリハは無事終了しました。
テレビでは映らない裏側を沢山見ることが出来ました。
30分の中にスタッフの努力が詰まっているのを肌で感じ日テレを後にしました。



今回のカメリハでは使用しなかった森泉さんのプレートです。


電池を交換し終わったインカムです。