株式会社ブームアップ BOOM UP-日本テレビ「おしゃれイズム」「アナザースカイ」「24時間テレビ・マラソン」等の番組制作会社です。

  • mail
  • tel

STAFF BLOG

スタッフブログ

できっこないをやらなくちゃ

2018/05/10 by 新人AD 植田

 

 

こんにちは。

悪天候が続きまたググッと気温が下がっていますね…

私の家では、せっかく衣替えしたのにまた冬服を引っ張りだしています。

さて、今回のブログのテーマは「街頭インタビュー」!

少し前のブログでは同期の内、他3人が挑戦し、苦戦していましたね。

私はそのブログを読み、

あぁ、私もしないといけない… 緊張するなぁ…

と、心の中はもう、すごく不安でいっぱいでした。

親に甘やかされて育った幼少期、

引っ込み思案で近所の人に挨拶をするのにも戸惑う性格でした。

現在はかなり改善されていると自負していたのですが…

まだまだコミュニケーション能力が足りない、と自覚した1日になりました。

インタビューをする前日に

「明日は天気がいいのでインタビューやりましょう」とボスから連絡があり、

「不安はあるけど、やるしかない!」と心に決めていざ出発。

しかし出社して早速、ミスを犯してしまいました。

日焼け止めを忘れてしまったのです。当日のお昼時は24度を超える日差しの強い日。

「何のために前日に連絡するのか、ちゃんと考えるように」とボスから一言。

お気遣いを無駄にしてしまいました。

・相手の真意を汲み取る努力をする


・本番(ロケや取材等)への事前準備を怠らない


今回は日焼け止めということで私自身が日に焼けることを我慢すればいいのですが、

どんな研修も、「ロケや取材なんだ」と本番をイメージして臨まなければいけません。

反省しつつ新橋・銀座方面で街頭インタビューを行いました。




私のインタビューテーマは「新入社員へ向けて一言」

現在、研修の一環としてオリジナルムービーを作成しており、その中で

先輩社会人が新入社員を応援するメッセージ動画が欲しいと思っていたところ、

ボスからの助言もあり、

今回のインタビューでカメラ撮影の許可を取りながら実行することになりました。

私が研修で作成するオリジナルムービーには「応援」というテーマがあります。

新年度が始まって早1ヶ月。

「五月病」なんて言葉が聞こえてきそうな季節。

新生活が始まり、慣れない環境のストレスに負けてしまいそうな人が

私の作成する応援ムービーで元気を取り戻してもらえればいいな、という思いを込めています。

街頭インタビューでは、

59人の方に声をかけさせていただき、19人の方にメッセージをいただきました。

しかしカメラ撮影の許可をいただけたのはその内の3人…

カメラ撮影を拒まれるたびにすり減っていくメンタル…

もっと許可取りの工夫をするべきだったのか… と反省点はいっぱいです。

少し、いただいたメッセージを紹介します。

「ファイト!最初は困難があると思いますが、頑張れ!」 50代男性

「体力をつけて、自己管理をして、毎日元気でいるように!」 70代女性

「若いんだから、いろんなことやればいいじゃん!」 60代男性

「人生は全て挑戦!厳しい時もあるけど、絶えず挑戦・前進しなさい!」 70代男性


70代を超えても働き続けている方々が多くいらっしゃいました。

まだまだひよっこな私、どんな言葉も胸に響きます…

中でも私にとって印象深い言葉がありました。

「夢と現実は違って当たり前。ただ夢を見るのではなく、現実に合わせた夢を。」40代男性

日々の生活の中で小さな夢を見つけ、叶う喜びを味わいなさい。

という意味が込められているそうです。

これから先担当する番組でも必ずやってくるであろうインタビュー。

どんな聞き方が相手に好印象を持たせるのか

どんな聞き方だったら自分が欲しいメッセージをもらえるのか

ただインタビューが成功しても、欲しい情報が得られないと意味がない。

たくさんの課題が発見できた研修でした。


不安いっぱいの中、奇跡的な笑顔の写真を撮っていただきました。

さて、このブログのタイトル「できっこないをやらなくちゃ」

これはサン○マスターさんの曲のタイトルでもあります。

街頭インタビュー実行前、朝の電車の中で私が永遠リピートして聴いた曲なんです。

できないと思っていることにも、なんだか自信が湧いてくる歌ですよ。

できないことにも挑戦し、ステップアップに繋がるよう頑張ります!

新人AD植田


アーカイブリスト