株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ » 恥ずかしさを消すこと
2017/04/28
  恥ずかしさを消すこと
2017/04/26
  「人」として
2017/04/25
  「楽あれば苦あり」
2017/04/24
  アンパンマンロケ
2017/04/17
  実力より魅力で勝負
2017/04/13
  新人AD奮闘記
2017/04/11
  リサーチfor北欧
2017/04/10
  ウ〜マンボ!!!
2017/04/07
  ラテ欄と自分
2017/04/06
  決意表明
2017/04/05
  社会人2日目
 

恥ずかしさを消すこと

2017.04.28 新人AD中島

こんにちは、新人ADの中島です。


 今回はテレビ局の中での話をします。


私たち新入社員4人は「おしゃれイズム」の収録現場の見学と、

"ある仕事"をさせていただきました。


午前9時にいつもの出社時間より早い時間に私たちは日テレ前に集合しました。

いざ、スタジオに入ると、たくさんの人がいて、一つの番組を作り上げるのにこんなに多くの人が関わられていることを改めて感じました。

ここでカメリハ(カメラリハーサル)という、本番収録前にディレクターの指示を中心に

様々なシーンを想定して、演者をスタッフが演じ、カメラの映り具合、演者の位置から

モニターに映るVTRが見えるかどうか、などを確認することをしていました。

 新入社員4人に与えられた"ある仕事"というのは、

おしゃれイズムのカメリハでゲストを演じてください」

というものでした。

初めてのスタジオ見学にして、そのような大役をやらせていただき、

私たち新入社員は「やってやろうぜ」という気持ちでした。

しかし、いざスタジオに立つと、初めてなのと緊張、複数の大きいカメラの前で、

自分たちの恥ずかしさが露になり、タジタジとなってしまいました。

そのタジタジとなってしまった姿に、プロデューサーの方は見逃さなく、

私たちはこの後、注意をされました。

カメリハは、ディレクターのスタッフの方々のデティールや、演出の

こだわりを元に進めています。

「森泉さんの後ろのオブジェが対称になってない!」

 「椅子の位置をもう少し下手にしたほうがいい。」

*下手とはカメラから見て左という意味です。

 このような指示が飛びながら、本番のように進めていくのです。

それを恥ずかしながら、タジタジにやってしまうと、ディレクターやカメラマンの方たちが

本番のことを想定してでの演出やカメラワークを考えることが困難になってしまいます。

そうならないためにも、自分たちADが”恥ずかしさを消して、演者をやり切る”ことの大切さをプロデューサーの方に教えられました。

数週間前に新人箱谷くんのブログで書きました。新入社員歓迎会の時に、新人たちが違う

テーブルの席に移る際、ウ〜マンボ!のリズムに乗って、楽しく盛り上げて席を移すという

演出がありました。

その演出の企画を聞かれたのが実は、歓迎会開始約5時間前のことで、

新人たちはおもろしく思いながらも、少し、恥ずかしい

思いもあったのを思い出しました。

小川さんはこの時に「恥ずかしくやると、シラけるから、思いっきりやれ」と言われました。この言葉は前述のカメリハのことを考えると、つながっていることなんだなと気付きました。

ADとして大切なことの1つは「恥ずかしさを消す」ということ。

日本中が目にするテレビの前で恥ずかしさを消して活躍する芸能人

有名人とともに仕事をする上で大事なことなのです。

 最後の写真は、新人近藤くんがカメリハで頑張っている様子の写真です!!