株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ » ADが見たテレビ業界の裏側
 

ADが見たテレビ業界の裏側

2017.11.24 千野翔汰郎

みなさんこんにちは新人ADの千野です。

 

突然ですが、テレビの視聴率ってどういう風に取っているか知っていますか?

ランダムで選ばれた家庭に専用の機材を設置し、そこからデータを取っているんです。

もっと細かく見ていくと、1分間ごとにカウントをしていて、

秒針が00になったところで統計を取っています。

30分番組なら30回カウントするわけです。これを平均したものが視聴率です。

では、視聴率を上げるにはどうするか。

当然面白い番組を作ればいいのですが、毎回できるほど簡単ではありません。

 

そこで考えられることは、CM00秒にかからないように流す。

他局がCMを流しているときに番組のピークを持ってくるなどの作戦が考えられます。

 

また、NHKの朝ドラが近年では20%近い数字を毎回取っています。

そこで、民放の朝のニュースはどうやっても朝ドラに勝てないので、

815分からトップニュースを流すことも多いです。

テレビの裏側にはこうした細かい戦略もあります。

何気なくテレビを見るのではなく、制作側の視点に立ってテレビを見てみても面白いでしょう。