株式会社ブームアップ BOOM UP - ブログ

トップページ » ブログ
 [1]  <前  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11  次>  [18]

初!巨人戦in東京ドーム

2015.07.01 新人AD小松

 

 

6月30日社長に連れて行って頂き東京ドーム行われた【巨人対広島】戦の観戦してきました!!

神宮球場で野球観戦はよくしていたのですが初の東京ドームで初の巨人戦です!!

ドキドキしながら中に入ると早速グッズ申込み受付がありました!


 

巨人も広島もユニフォームを着ている人は多かったです!!

 

更に座席の方に進んで行くと




3塁側外野は、赤色一色でした!!!

巨人はもちろん広島は、やはり最近人気だなと実感しました!

そして、凄くいい席で見させていただき会場の臨場感がずごかったです!

 

投手は巨人高木選手、広島黒田選手。

黒田選手はやはりマウンドに立つと安定感、存在感が感じられました。

巨人も阿部選手、高橋由伸選手などベテラン選手が揃っており両者譲らない戦いでした!!

 

8回までは淡々と試合が進み、広島の攻撃!

この時社長が席を離れていた間に広島・丸選手のホームラン!!!

 

私も感激のあまり思わず立って一人で喜んでいましたがよくよく考えると首から社長から頂いた巨人のタオル巻いてました()

 

巨人ファンの社長は戻って来てショックだったみたいです。

 

8回表で広島が先制し、広1−巨0で最終回へ!

 

9回表広島得点ならず巨人の攻撃です!!

 

この回が勝負!!!

 

このあたりでちらほら帰る方もいましたが最後何があるのか分からないのが野球です!!

 

9回裏、巨人の攻撃。

(この時、正直私も広島が勝つと思っていました!)

 

が、しかし!

阿部選手の適時打により同点に追いつきました!!

会場は大盛り上がり!!!

 

そして、阿部選手に続き亀井選手の犠牲フライでまさかの2−1でサヨナラ勝ち!!!!!

 

凄かったです!!9回攻撃の全選手の意気込みがすごく伝わって来て最後まで諦めない姿勢を目の当たりにしました!!!

 

本当にかっこ良かったです!!!

 

最後の最後まで何があるか分からないのがスポーツの楽しみですよね!!

 

そして、やはり球場で飲む生ビールは格別でした!!

なにより売り子の女の子がみんなかわいくて重いサーバーを担ぎながらも笑顔で明るくて素敵でした!!

 

あんな素敵な笑顔だと思わず買っちゃいますね。

 

今回久しぶりに野球観戦ができて本当に楽しかったです!!

良い試合を見させて頂けて、今回連れて行って頂いて本当に嬉しかったです!!

 

この諦めない精神、見習いたいと思います!!!

番組について初めてのロケ

2015.06.26 新人AD木俣

お久しぶりです!ADの木俣です。

 

先日、624日水曜日にロケをしてきました。

 

今回は、3箇所で撮影するというハードなスケジュール。

前日から当日の出発時間ギリギリまで準備をしていましたが、結局終わらず、

会社からロケ場所までの移動時間で、なんとか終わらすことができました。

 

 

いざ現場に出てみれば、緊張してしまい、分かっていることでも上手く行動することが

できませんでした。撮影中は、基本、Dの後を付いて行かなければならないにも関わらず、

「カメラに映り込んでしまってはダメだ。」という気持ちが強く出過ぎてしまい、

気付けば後ろの方で撮影を見ているだけになってしまっていたり、本来ならADの私が

やらなければならない仕事を先輩方がやっていたりと、思い起こせば、反省点ばかりのロケでした。

ですが、収録の始め方、照明の当て方、ADの行動などを先輩方や技術さんに教えていただけて、

とても勉強になったロケでもありました。

 

ロケ中に、撮るはずだったモノを撮らなくなったり、逆に時間が余っているからって撮るはずではなかったモノを撮ったりと、その場その場での臨機応変に、先輩達のすごさを感じました。私でしたら、またテンパってしまっていたと思います。

 

今回、小道具を隠す袋を持って行くのを忘れてしまったり、ミスを何回もしてしまい、

先輩に言われた言葉が「まぁ、これも経験だね。」でした。

怒られるよりも、心に響き、もう二度とこんな失敗はしないぞと、思いました。

 

ロケという大事な仕事に参加させていただけた今、反省ばかりではなく、失敗をしないためにやること、テンパらないようにするためにやることが分かってきていますので、次回では、今回失敗してしまった点は勿論、新たな失敗が生まれないように、準備していきたいと思います。

おしゃれイズムカメリハ初参加

2015.06.24 新人AD 小松

 

先日おしゃれイズムのカメリハに参加させていただきました!

 

初めてのカメリハでわくわく&緊張でどきどきでした!!!

 

カメリハとはカメラリハーサルの略で名前の通り、カメラを使ってリハーサルをしていきます。

収録の前に一連の流れを確認するのですが、ここではカメラの位置や、セットの位置まで細かくチェックしていきます。

 

そして、ダミー役としてスタッフが演者さんの役をしてリハーサルでは進行していきます。

 

この日のダミー役は、MCの上田晋也さん、藤木直人さん、森泉さん、ゲストです。

 

私は森泉さん役をやらせて頂きました!

首から「森泉」と書かれているプレートをぶらさげてリハーサルを行っていくのですが、発言や、リアクションを取っていく事で音声のチェックなどをしていきます。

 

なので、「この時森泉さんだったらどんな反応をするんだろう」

って事を常に考えなくてはいけなくて、これが難しかったです。

 

そして、リハーサルが終わると本番です!

 

収録を後ろから見ていてちょっと前まであそこにいたんだと思うとすごく不思議でした!

 

そして、番組を作るのにこんなにも細かくチェックしていたんだと改めて勉強になりました!

 

初めてのカメリハでは戸惑う事も多かったのですが、すごく新鮮でした!!!

 

なにより、早くオンエアされないかと今からわくわくしています!!

実際に目で見たものがテレビではどう映るのか、凄く楽しみです!!!

マイクロテスト初体験!

2015.06.11 新人AD小松
 こんにちは。新人ADの小松です。

この間、生中継をする際に必要なマイクロテストの現場に、

同行させていただきました!

 

まず、生中継の際に遠い場所からテレビ局に映像、音声を送る為

色々な高いところにアンテナを立てて電波を繋いでいく必要があります。



これは技術さんがテストをしている様子です!

 

マイクロテストとはマイクロ波を使って映像や音声を送る際、こういった

アンテナを立てて、ちゃんと送信されるかどうかを確認する作業です。

 

その際、電波塔に向けて送ります。

 

電波塔は、東京スカイツリー、東京タワー、新宿センタービル、

神奈川県にある大山、茨城県の筑波山などがあげられます。

 

これらの電波塔を経由してテレビ局に映像や音声が送られます。

 

なので、条件として電波を遮るものが無いよう高い建物を選ぶ

必要があります。

 

そして、実際登ってテストする際は東京タワー、東京スカイツリー、

新宿センタービルなど先ほどあげた電波塔が見えるかどうか、どの辺りに

位置しているのかを確認する必要があります。

 

私は東京スカイツリーや東京タワーは見つけられたのですが大山、筑波山は

すぐには見つけられず探している間に技術さんはすぐに見つけていました!

さすがだな!と思う瞬間でした。

 

この間は下見をした際、高層ビルの屋上に登ってきました。

 

高層ビルから見下ろした景色は、高所恐怖症な人だと足が

すくんでしまいそうな位高かったです!!

 

生中継の際は失敗が許されない為裏側では何度も慎重に、テスト等

たくさんの放送するにあたり必要な事を確認をしていた事を、初めて知りました!

 

視聴者へダイレクトに映像や音声が伝わる生中継。

やはり緊張感があり、この業界に入るまでは知らなかった

番組を作るにあたっての“裏側の作業”を知ることができました!!


このビルの屋上もそうですが、普段の生活では行けないような所に

行けたり、そこからなかなか普段見る事のできない景色を見れて、体験できる。

この仕事の特権であり、おもしろさだと改めて思いました!

 

 

 

5月度ラテ欄ランキング

2015.06.01 新人AD小松

前回に引き続き今月も月間ラテ欄ランキング発表したいと思います!




こちらが集計したデータです!




ラテ欄チェックの大切さや、なぜ必要なのかは前回にも書きましたがこの2ヶ月続けた結果、今までうろ覚えだったタレントさんの名前や漢字を前よりちゃんと覚えられました!


 

例えば「橋下徹」さん。

4月は「橋本徹」さんと間違って書いてしまう事もあったのですが今ではもう間違えず書く事が出来ます!

 

そして先月4月のランキングがこちらです!

 

1位  有吉弘行 (55番組)

2位  マツコ・デラックス (50番組)

3位  土屋太鳳(47番組)

4位  皇后陛下 水谷豊 (37番組)

5位  天皇陛下 (34番組)

6位  加山雄三 (29番組)

7位  木村拓哉 (28番組)

8位  大沢たかお 宮根誠司 黒柳徹子 (26番組)

9位  羽鳥慎一 (25番組)

10位 SMAP  (24番組)

 

4月の1位は有吉弘行さん。

さて、今月は誰が1位でしょうか!!?

そして、有吉さんは2冠となるのでしょうか!!?

 

気になる5月度の結果がこちらです!!!

 

1位  土屋太鳳 (55番組)

2位  錦織圭 (54番組)

3位  有吉弘行 (48番組)

4位  マツコ・デラックス (45番組)

5位  浅田真央 (42番組)

6位  SMAP (38番組)

7位  嵐 (35番組)

8位  大泉洋 (33番組)

9位  EXILE 中居正広 (29番組)

10位 AKB48 今井雅之 (26番組)

 

5月の1位は土屋太鳳さんでした!

有吉さんは3位!

しかし前回同様、土屋太鳳さん、有吉弘行さん、

マツコ・デラックスさんは上位の結果となっていますね!

確かにテレビで見ない日はないといっても過言ではないですよね!

 

その他にもスポーツ界からは話題となっていた錦織圭さんが2位、浅田真央さんが5位。

 

4月とはまた違った結果となりました!

今月は4月のデータと「比較」する事が出来たのでまた違った発見、楽しみがありました!

 

さて6月は誰が1位となるのでしょうか?

テレビ業界を目指す皆さん!今日から一緒にラテ欄チェックして6月の月末ランキングを照らし合わせてみませんか?

 








作品を作るに当たって大変だった事・反省点

2015.05.18 新人AD小松
こんにちは新人ADの小松です。
今回は作品を作るに当たって大変だった事や反省点を書きたいと思います!
既にあがっていますが今回は基本的に自分が撮影した場所の映像を編集して構成表(いわゆる台本)を書きナレーションを入れそれらを繋げ1つの作品にしました!
 



これが実際に作ったナレーション原稿です。
右側にNと書かれていてそれはナレーションの言葉で映像に声を吹き込む際この言葉を元に吹き込んでいきます!
後に各自が吹き込んだナレーションを確認してみると声の大きさ、喋り方、スピード、テンションが全然違って統一してまた1から声を撮り直すことに!
 
場面場面で声の大きさが違っていたり撮影した映像の音でナレーションが消され聞こえなかったりそれだと再生した時にリモコンでボリュームを調整したりしないといけなくなるしナレーションが聞こえないなんてあってはいけないことだしそんな映像はストレスを与えてしまいます。
それに気付けなかった私たちは視聴者の立場に立って作品を作れていなかったということになります。
 
また個人的に少し大変だったのが地元高知から東京に出て来て6年経ち普段は全然なまってたりしていないと思っていましたがふとした所でイントネーションが皆と違っていたりしました!
一番手強かったのが「チャレンジ」のイントネーションです!
実際自分の声や話し方を録音してみて初めて気付き長野出身の野沢君も私と同じでなまってしまう場面がありました!
 
また各自で構成表や映像を作ってそれを繋げたので初めは方向性も定まっておらずこの作品で何を伝えたいのかバラバラで何も伝わってこずその度に話し合い何回も何回も手直ししました。
 
例えばオープニングを担当した人とエンディングを担当した人が別だったので最後見てみたらオープニングのナレーションの問いかけに対し作品中やエンディングの中で答え(起承転結ってやつです)がなくてまた話し合って構成表、映像を変更していきました。
後半はよりいい映像を作る為にほぼこの作業の繰り返しでした!
 
3人いれば違う目線で自分が気付かなかった事や間違いなどにも気付いてもらったり「こんな風に同期は考えているんだー」と新しい発見ができたりしました!
 
そしてその出来上がったのをいよいよ社長に提出です!
がしかし、提出する時間に間に合わずその日に提出できませんでした。
「約束を守れない人は信頼を失う」と言われました。
 
もっと全ての事を計画的に役割なども話し合い終わるまで徹夜でやるとか朝早く来てやるとか時間はあったはず。
なのに情けない事にただ自分たちの甘えが原因で「やれなかった」のではなく「やらなかっただけ」だと改めて気付きました。
その後で「昨日終わらせて帰ればよかった」とか後悔する事もありつつそう思うなら「なんでやらなかったんだろう」「どうしてベストを尽くそうとしなかったんだろう」という気持ちになりました。
どこかで妥協していた部分があったのではないかと思います。
そんな気持ちで作った作品からは絶対妥協した気持ちが伝わってくると思うしなにより協力してくれた方々に失礼な事だと気付きベストを尽くそうと自分に喝を入れました!
 
 
「当たり前の事を当たり前にする」簡単なようで難しいんだと実感し今回を機に「当たり前にできる事のレベルをあげよう」と思います!!
 
しっかり成長できるように頑張ります!!

はじめての映像制作〜ナレーション入れ編〜

2015.05.15 新人AD木俣

お久しぶりです。新人ADの木俣です。

 

5月13日にUPした「はじめての映像制作」に書いてある映像の編集を終えた後に、自分たちでナレーションを入れました!

 

 

ナレーションは、映像を視聴者に分かりやすくするために入れることが第一の目的です。現場に行って撮影しているからこそ分かることがあり、自分たちが説明なしで分かることであっても、現場に来ていない視聴者たちにとっては分からないことが多々あります。それを、視聴者を不快にさせないように言葉遣いに注意し、偽りの情報をなしに視聴者の心を動かすような文章を考える。正直、難しかったです。様々な番組を見て、どんなシーンにどんなナレーションが入っているのか勉強しようと思いました。

 

 

ナレーションの声を撮るやり方は、カメラを使って取る撮るやり方とFinalCutを使って撮るやり方の2種類あります。

 

カメラを使って撮るやり方は、静かな場所でカメラのマイクに向かってナレーションの文章を声に出して読み、撮ります。そのときカメラですので、映像も撮れてしまっています。


 


FinalCutを使って撮るやり方は、編集をしている画面で「ツール」の中にある「ボイスオーバー」を使って撮ります。自分の入れたい映像を再生しながら、当てはめたい映像のところに大まかに音声を直接撮ることができます。




 

カメラとFinalCutの違いはいくつかあります。

 

FinalCutでは、映像を見ながら撮ることができるので、どのような早さで読めば映像の長さに当てはまるかを確かめながら撮れます。カメラでは、それができないため、音声を入れたときに映像の長さをナレーションの長さがオーバーしてしまった場合、またカメラを準備して撮らなければなりません。

 

もう一つ、カメラでは、どんな声でも正常に撮ることができますが、FinalCutでは、ノイズが入ってしまい撮り直しをしなければならないことがあります。

因に、私の声はFinalCutに嫌われているようでノイズが何度も入ってしまい、他の新人の倍の時間がかかってしまいました(笑)

 

 

ナレーションを映像に入れるやり方は、

 

カメラの場合、撮ったテープが入っているカメラとパソコンを接続し、FinalCutに撮ったデータを送ります。カメラで撮ったため、音声だけではなく、映像も一緒に撮れてしまっているで、まず映像と音声を分けます。そして、分けた音声を編集した自分の入れたい映像のところに持ったいき当てはめます。

 

FinalCutの場合、当てはめたい映像のところに大まかに音声を直接撮ることができるので、撮った後に、1フレ(約0.03)ずつ細かく音声の位置を直します。

 

 

番組についた後にも、仮で自分でナレーションを入れることがあったり、番組では、声優に頼まずにディレクターがナレーションを入れることもあります。

 

これからも番組につくまでに、編集や、ナレーション入れなどをどんどんやっていきマスターします!

野球観戦

2015.05.14 夢子

みなさんこんにちは!

入社7年目夢子です(笑)

 

お初の方、はじめまして。

以前からお読み頂いている方、ご無沙汰しております。

久しぶりのブログ登場です。

 

早速ですが、昨日ボスに「巨人×広島」戦に連れて行って頂きました。

阿部選手、坂本選手の復帰戦ということもあり

会場は大盛り上がり!

 

私も、久々の東京ドームにテンションもあがりつつ

席へと向かうと…

早速いました!カープ女子!


 

不思議です…ひと昔前までは、なかなか女性が

野球のユニフォームを来て、野球観戦に行くというのは

ちょっと恥ずかしいというか…

なかなか、見られない光景でしたが、

「カープ女子」という言葉がメディアで取り上げられることによって

こんなにも、女性が増え、そして見え方が変わるなんて…

やっぱりメディアの力はすごいなと…

 

そんなこんなで席に座ると
目の前の大型スクリーンになんと日の番組のPRが!
私が番組についていた頃、ADでもPRを作らせてもらえるチャンスがありました。

 

数秒ではありますが、自分の作ったものが世の中に流れる

とても嬉しい瞬間。

こんな所でも流れていたんだと驚きました。


 

そして、いよいよ試合もはじまり、3回には大田選手のホームランで

オレンジのタオルが踊ります。

ボスも横でタオルをクルクル…

テンションさらにあがります!

 

 

横では、笑顔でビールを販売する女性たちが…

おじさま方は、さらにテンションあがってます。。。

 

そういえば以前、担当番組の企画の中で

タレントさんが球場でビール販売するという企画があり、

実際に、スタジオでもその重さを体験!ということで

カメリハの際に、私もあのタンクを背負ってみたことがあるのですが

本当に重かったです…(懐かしい…)

 

と、そんなことを思い出しつつ…

 

試合も進み、1−0のまま9回表…広島の攻撃

しかも、3番から…

巨人大丈夫かな…(巨人ファンです)

 

興奮し、ドンドン前のめりになっていた自分に気づき

ふと背中をつけてみたら

さっきまで見えていた景色と…


 

全然違う景色が…

 

 

ここからだと、こんなにも球場が見渡せたんだな…と。
お客さんだいぶ入ってる…(観衆数:44849人)

 

気がつくのがだいぶ遅かったですが…

 

そして迎えたツーアウト…

あとひとり!!

 

しかし、ヒットゴロが続き、気がつけば

ツーアウト2塁・3塁!

大ピンチ…

盛り上がる広島ファン…

 

願う巨人ファン…

 

久々に手に汗握りました。

2ストライク、1ボール。

阿部選手が大きく手を広げ構えます。

まるで、思い切って投げろ…と言っているかのように…

 

そして見事空振り三振に!

その瞬間、澤村投手が阿部選手にむかって

一礼…

 

なんだかとても感動しました。

どんな思いで一礼をしたのなのかは正確にはわからないけれど

すごくいいものを見たと感じました。

それと同時に、今のあの一礼をいろいろな人に
見てもらいたいと思いました。

 

帰り道…

なんとなくですが、この業界に飛び込んだ時の

志望動機を思い出しました。

 

人に何かを伝えたい…

人が感動したり、笑えたりするものを作りたい…

という思いを抱いて入ってきたこの業界…

 

目の前にある仕事をこなすのではなく

もっと広い視野で見渡して

違った景色からもう一度この仕事を見つめ直そうと…

 

初心忘れちゃいけませんね。

明日からまた頑張ろうと思います!

 

 

はじめての映像制作

2015.05.13 新人AD野沢

新人ADの野沢です。

 

先日チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンで撮影させていただいた映像を編集し、DVDを作成しました。

ここでは、映像の編集について書きたいと思います。

 

映像の編集は「Final Cut」というソフトを使って編集します。


 

 

素材(撮ってきた映像)をパソコンに取り込み、素材を編集していきます。

何時間もある素材の中から数十分という作品を作っていくので、使う素材と使わない素材を切ったりつなげたりしていきます。

こういった作業をオフライン編集といいます。

 

 

次にオフラインで編集した素材を仕上げていく作業をします。

この作業を本編集といいます。

まだ素材自体はかなり時間があるので、それを決められた時間内に収まるように最終的な時間調整をしていきます。

使いたい素材がたくさんある中で、それを時間内に収める作業はとても悩みました。

 

 

そして時間内に収まった素材にテロップを入れていきます。

テロップとは画面上に出る文字のこと(スーパーともいう)です。

テロップは映像を補完するためのものなので、少ない文字数で、見やすく表現しなくてはいけません。

自分たちも様々な字体や色を使って難度も試行錯誤しながらテロップを作成しました。





 

自分たちのやっている作業はまだまだ未熟ですが、普段テレビでみている番組の映像もこうやって作られていくのだろうなと考えたらワクワクしました。

 

 

最後に、映像を作る作業は難しいですが、

もっと自分で作品を作っていけるようになりたいです。

4月度月間ラテ欄ランキング!

2015.04.30 新人AD小松

4月1日から30日まで新聞のラテ欄に出てくる芸能人の方々の名前をマーカーで引いて名前を書き出しどれだけ番組に出ているのかを調べてきました!

 

こうする事で今どんな人が注目されているのか最近の話題のニュースなどを知る事ができ芸能人やスポーツ選手、政治家の方々の名前を覚える事ができます!

しっかり名前と(漢字まで)顔が一致できるように分からない所は調べて書き出してまた調べてと繰り返して1ヶ月間地道に集計してきました!

 

番組を作るにあたり芸能人の方を紹介するテロップに映る名前や現場に行った際に名前を間違えるということはすごく失礼な事なのでそういった事がないよう勉強しています。

間違った漢字がテレビの放送で全国に流れてしまうと取り返しの付かない事になってしまいます。間違えてしまったではすまないのです。

 

 

 

またその過程がいつか私たちがテレビ番組に携わりキャストを決める際、名前と顔が一致しその時の注目されている方々をスムーズに提案できるようになるよう近い将来きっと役に立つ大事な仕事の1つです。

 

そして!!!

 

2015年4月度ラテ欄ランキング!!

 

4月1日〜4月30日までの1ヶ月の間最も多く名前が挙った今注目の

方々はこちら!

 

1位 有吉弘行 (55番組)

2位 マツコ・デラックス (50番組)

3位 土屋太鳳(47番組)

4位 皇后陛下 水谷豊 (37番組)

5位 天皇陛下 (34番組)

6位 加山雄三 (29番組)

7位 木村拓哉 (28番組)

8位 大沢たかお 宮根誠司 黒柳徹子 (26番組)

9位 羽鳥慎一 (25番組)

10位 SMAP  (24番組)

 

 

集計していてなにか大きな話題があった際にはやはりその方が数日間上位にランキングしていたのですがまた違う話題があった際には今度はまた違う方が上位を占めていて毎日毎日同じランキングではなく変わっていくところが

「今日は誰が1位なんだろう」「今誰が注目されているんだろう」

とわくわくして最後は集計を取るのが楽しかったです!!!

 

そして入社してすぐの私たちが間違いやすかったのが和田アキ子さんの子をカタカナで書いてしまっていたり森公美子さんを新人全員が森久美子さんと思っていたり

また書けそうで書けなかったのが松任谷由実さん、伊東四朗さん。見慣れているはずなのに実際書くとなるとどんな漢字だったっけ?となってしまいました!

出川哲朗さんも「郎」ではなく「朗」なんです!

私たちの記憶の中の漢字は意外とあやふやなものが多く間違ってはいけないという事を再確認しました!

 

また新聞のテレビ欄やテレビを見ていて芸能人の方の名前の紹介の文字が出た際に少し見方を変えて意識してみれば普段の生活の中でも勉強できると思うのでこのテレビ業界を目指すのであればこれから意識してみてはいかがでしょうか??

 

初めてのロケ&初めてのボランティア

2015.04.22 新人AD木俣

お久しぶりです!新人ADの木俣です。

今回、人生初のロケ&ボランティアに行ってまいりました!!

3週間会社で学んだことが実際にできるチャンスがきました!

ロケ&ボランティアに行った場所は、「チャレンジ富士五湖マラソン」です!!!


 

今回のロケの感想を一言で言ってしまうと「失敗」でした・・・

欲しかった映像が撮れていなかったり、映像がブレていて「ここまで酷い映像はみたことがない。」と自分でも思ってしまうほどでした。

他にもインタビュー映像を撮影したのですが、背景の映像のバランスが悪く、格好わるい映像になっていました。

3週間も会社で社長や、先輩に作業を教えていただけたにも関わらず、

こんなミスを多々してしまった自分が情けないです。

もう二度とこんなミスは絶対にしません!

失敗もありましたが、カメラを使って自分が「良いな!」と思った映像を撮影して残せるのは、とても楽しい経験でした!!!

それに自分で「良い映像が撮れた!」と自画自賛できる映像もあるので、編集するのが楽しみです(笑)



初めてのボランティアの仕事は、ゴールした選手に“25thの記念タオル”を渡すことでした。

ゴールした選手一人一人にタオルを渡すことができ、会話ができたことは、とても良い経験でした。

ゴール後に遠くを見つめ大粒の涙を流し始めた男性を見たときには、自然に私も涙が出てきてしまいました。

「チャレンジ富士五湖マラソン」にボランティアとして関わることができたことは、貴重な体験だと思います。



今後は、ロケで得た知識で構成を考え、ボランティアをしているときに選手たちからもらった感動を上回るほどの感動を視聴者に与えることができる番組を作ります!!!

撮影させていただけた選手、応援していた方々、ボランティアのみなさん、ありがとうございました!

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンを終えて

2015.04.21 新人AD小松
こんにちは新人ADの小松です。
既にブログでもアップしていますが4/19(日)のチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンで撮影研修に参加させていただきました!
 
少しだけ撮影の裏側や失敗談をご紹介させて頂きます!
 
こちらは午前中に行った河口湖と富士山と桜が一緒に見られるスポットです!

 
 
お天気は晴れてはいたものの少し富士山の頭の部分に雲が被ってしまい
少し残念でした。
本来ならば雲が無くなって全貌が見えている所を撮影したかったのですが
次の現場へと移動しなくてはいけないので泣く泣くこの場を離れました。
 
野外でのロケでは自然の力は誰にも操れないのでイメージしていた理想の画が
撮れないこともあるということを改めて実感しました。
 
いろいろな状況のパターンを考えておかなくてはいけないということも。。。
 
そうこうしていると今までは晴れていたのに急にしとしとと雨が!!!

  
 
初めての野外ロケ、初めての雨天でのロケとなり私にとってはハプニングでした。
カバーはつけていますがとにかくカメラが濡れない様、レンズに水滴がつかないように!と細心の注意が必要です!
そして当たり前の事ですがカメラは体の一部として大切に扱う事に気をつけています!
 
   
「どの角度から撮るのが一番いいんだろう」「桜と湖とランナーがきれいに映るポイントはどこだろう?」と試行錯誤

 
 
いろんな角度から、いろんな映像を撮るために移動中の車の中からも撮影したり!
ぶれないように撮るのがすごく難しかったです!
 
こうやっていろいろな場所から撮影をしていたのですが実際撮った映像を見るとあの映像がないとかあそこのところもう少し注意して撮っておけばよかったとか反省するべき点がすごく多かったです。
 
私はカメラを動かしすぎてしまいせっかくのいいポジションでの撮影が台無しになってしまっていたりロケーションはすごくいいのにそれを上手く引き出せる事ができませんでした。
 
初めてカメラを回させていただいて撮影の難しさと不安要素を無くして撮影に望む事前準備の大切さを痛感しました!!
そしてすごく貴重な体験となりました!!!!
 
今回の悔いの残った部分は次回に繋げられるようしっかりと胸に刻み付けて次回は同じ失敗を絶対しないようにします!!!
 
 

ボランティア初参加

2015.04.20 新人AD野沢

新人ADの野沢です。

 

先日ブームアップのFacebookにもあげましたが、18()から20()にかけて山梨に行ってきました。

というのも、19()のチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンのロケをするためです。

 

 

19日、朝2時半にスタート会場である富士北麓公園へ行き、撮影をしました。

 

 

ボランティアの方たちは2時半前には集合し、すべてのランナーが走り終わる19時以降までずっと働いていました。

選手も1番長く走る選手は4時にスタートし、19時まで走っている方もいます。

 

 

富士北麓公園陸上競技場をスタートし、またこの富士北麓公園陸上競技場に帰ってくる。

そして、ランナー 一人一人に全く違ったドラマがあり、スタートからゴールまで走りきったのだと思うとグッときました。




そんな中、自分たちも撮影だけでなく実際ボランティアに初参加しました。

給水所で走っている選手に水を提供したり、ゴールで完走した選手にメダルやタオルを渡したりしました。

 

ボランティアをしていて、ランナーが走る姿はもちろん、それを支えるボランティアの姿はとても輝いていました。

自分もそのメンバーの1人としてボランティアに参加できたことは光栄です。






また、撮影をしていて

 

ボランティアはランナーをサポートし、ランナーはそのボランティアに感謝している。

そんな姿をみることができました。

 

 

この関係があったからこそ、富士五湖マラソンは25回目を迎えることができたのだと実感しています。

 

最後に

 

チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンを走られていたランナー、ボランティアの皆さん。

本当にお疲れ様でした。 

 

 

さて、帰ってから撮った映像を編集します。

自分が撮影して感じたこと、ボランティアを通して思ったことを、その場にいない視聴者の方にどうやって伝えるか考えながら取り組みたいと思います。

頑張りますよー!

 

間寛平さんアースマラソン同窓会

2015.04.10 新人AD小松

 

こんにちは。新人AD小松です。

入社して1週間が過ぎ4月9日(木) 間寛平さんをお招きし弊社ブームアップにてアースマラソンの同窓会を行い私たちはそのパーティーのお手伝いをさせていただきました!

 

間寛平さんは2008年12月17日に大阪なんばグランド花月をスタートし2011年1月21日のゴールまで766日かけて地球一周のアースマラソンに挑戦されました。

 

2年以上も異国の地を走るのはとても簡単なことではなく辛いこともたくさんあったかと思いますがその中でもやはり現地の方々の応援やファンの方々らの温かい声援が寛平さんにとっても励みになったのではないでしょうか?

 

その当時を懐かしく思い出していただき喜んでいただけるにはどうしたらいいのか何が必要なのか私たちには何が出来るのかたくさん考え様々な準備をさせていただきました!

 

まずは買い出しです!




 

こんなにたくさんの種類のお酒を買ってきました!

 

寛平さんが当時を懐かしく思っていただけるには?と考えマラソンで回った国のビールを飲んでもらおう!と、どこで売っているのかを調べ用意しました!

そして寛平さんが実際履かれていたシューズもディスプレイ!




 

こちらはゴールの時に履かれていたシューズです!!!

やはり思い出がたくさん詰まっているのではないでしょうか?




たくさんの方々からの横断幕や寛平さんのパネル!

温かいメッセージが書かれているのを見て当時の寛平さんが出会ったファンの方や応援していただいた身近な人達との思い出が蘇ってくれればと思い準備しました!




こういった一つ一つ準備していくに当たりその時の寛平さんが走っている時の様子が想像され、たくさんの人々の温かさを感じすごく感動しました!

 

懐かしい顔ぶれに当時の思い出話にも華が咲き時間はあっという間に過ぎていったのではないでしょうか?

 

 

皆さんすごく素敵な笑顔です!!

 

そして寛平さん以外にもお笑い芸人の波田陽区さんやシベリア文太さん、本田みずほさんたちにもいらっしゃって頂きました!!

 





そして!!なんと!!!!寛平さんともお写真を撮っていただきました!!!!!!!!



私たち新人3人少し緊張しているようにも感じます(笑)

 

誰かに喜んで頂くためにその人の事を思いながら準備をし部屋を見て「すごーい!」と言っていただけて笑っていただける姿を見るとすごく嬉しかったです!!!!!

 

 

寛平さんは766日間でこんなにもたくさんのシューズを履いて見事に走り切ったんですよね!!

 “諦めなければできる”ということを知りました。

これからも色んなことにまずはチャレンジ!諦めずチャレンジしていきたいです!!

四月八日は貝の日!?

2015.04.08 新人AD木俣

お久しぶりです。新人ADの木俣です。

 

社会人になってから一週間が立ちました。

同じ新社会人のみなさんは、もう仕事に慣れてきましたか?

私は、まだまだ社会人として学ぶことが多い日々を送っています!

 

さて、題名にした「四月八日は貝の日」とはどういう意味か分かるでしょうか?

貝類が美味しく食べることができる季節が春なので4

それと後、もう一つ意味があるのです。

「貝」という漢字は、「目」と「八」という漢字に分けることができます。

分けた「目」を90度回転させると「四」に見えませんか?(笑)

「貝」は、「四」と「八」となる。だから、四月八日は“貝の日”なのです!!

これは、愛知県田原市にある渥美商工会の渥美実行委員会が、渥美半島のPRを兼ねて、2011年に制定したらしいです。

 

私たち、新人ADも○○の日を考えてみました。

その中の一つを紹介させてください!

64日は首の日」という日を作ってみました。

6月は、季節の変わり目で首や間接が痛むということと、

「首」という漢字は、逆さまな「六」と横になっている「四」が重なったような形にみえませんか?(笑)

これを64日の「○○の日」の一つに採用してもらえないものでしょうかね?(笑)

 

48日は貝の日」の意味を調べていたとき、無性に貝が食べたくなってしまいました(笑)「渥美商工会」さんの作戦にハマってしまいました。ただ日にちに名前をつけただけなのに。。。

こういう些細なアイディアが必要だと改めて知らされました。

私も、些細なアイディアを日々見つけていき、仕事に生かしていきたいです。

入社三日目

2015.04.03 新人AD野沢

こんにちは、新入社員の野沢です。入社して3日が経ちました。

自分たちは新米なので、この2ヶ月間は研修です。

 

初日から研修中毎日やることとしてラテ欄のチェックがあります。

これはテレビ欄に載っている有名人の方をチェックしてランキングをつけます。

http://ameblo.jp/boomup/entry-12009320228.html

本日のラテ欄を見て、敦賀気比松本選手の名前が出てきたとき、今までテレビ欄に載るような有名人ではなかったのに甲子園での活躍をキッカケでテレビ欄に載るようになりました。

今後また別の機会で松本選手がテレビ欄に再び出てきてくれればいいなぁと思いつつチェックをさせていただきました。

 

また、入社初日から、ADとして働いていくために必要なことを学んでいます。

初めて技術面で学んだことは、「素材の取り込み」です。



これは撮影したものを、ハードディスクに取り込んでいく作業です。

作業の内容はとても簡単なようにも感じますが、細かな設定が必要です。

たくさんのテープを取り込んでいくので、どのテープを取り込んだのかハッキリ分かるようにしなくてはなりません。誰が見ても分かるそんな気配りが必要になります。


こういった作業一つ一つに技術だけでなく、周りへの配慮が必要になってきます。

ただ、技術を学ぶだけでなく、なぜその行程で行われているのか汲み取ることがこの2ヶ月の研修の中で必要なことなのだと感じました。

 

 最後にADとしてこれから仕事をしていくために何が必要なのか。

しっかり挨拶する、報告、連絡、相談。これらをしっかりできることが、ADとして、また一社会人として私たち新入社員に求められていることです。

 

常々これらのことを意識しながら、ADとして働いていくための下準備をしていきたいと思います。

エイプリルフール

2015.04.02 新人AD小松
初めまして。この春41日よりブームアップの仲間入りさせて頂きました新人AD小松です。よろしくお願い致します。
 
春といえば別れや新しい出会いなど環境が変わる時期でもありすごくドキドキすることが多い季節なのではないでしょうか?
 
そんな4月のイベントでもある「エイプリルフール」
今回はエイプリルフールについて書きたいと思います。
お隣の国韓国ではエイプリルフールのイタズラ通報に警告として
「虚偽の通報を行った者には厳しく対処する」と韓国警察が発表したみたいで今では世界的なイベントとなっている「エイプリルフール」ですが・・・
 
そもそもエイプリルフールとは??
 
物心ついたときからなんとなく「41日は嘘をついてもいい日」とは認識していましたがエイプリルフールっていつからあるのだろうと疑問に思い調べてみました!!
 
まず起源は不明でいつからこの習慣が始まったのかは確かではないみたいです。
いろいろ説はあるみたいなのですが有力なのは大正時代に西洋から入りエイプリルフールの習慣が広まったのではないかといわれているみたいです。
 
意外と長い歴史にびっくりです!!
 
皆さんは昨日の41日嘘はつきましたか?
 
各企業さんもユニークな嘘のPRなど思わず笑ってしまうほっこりしたニュースがテレビでも朝から流れていました。
 
その中で私が気になった企業さんの「エイプリルフール」をご紹介したいと思います。
 
スマートフォンのアプリの開発をメインとした面白法人カヤックさんのエイプリルフール企画に「こどもウソ文集」というのがあり社員が自分の子ども時代の写真ともに子どものころについたウソを公開していたりみなさんの子どものころのウソが「スプーンを曲げられる」などとてもかわいいエピソードでした。
 
私も小学生の頃友達につかれた嘘で待ち合わせに遅刻してきた食いしん坊の友達がいて「なんか食べてたから遅れたんでしょう?」って聞いたら否定していたのですが口元にチョコレートがついていてばればれの嘘をつかれた事を思い出しました(笑)
アニメみたいな話ですが実話です(笑)
 
また「Google201541日新しいデバイスを開発しました」
という内容で公開された映像を見させていただいたのですがプレゼンテーション形式で新商品として発表されたのが見た目はパンダのぬいぐるみでその名も「Google panda
 
白と黒のユニバーサルデザインで50カ国以上に対応、複雑な質問にも0.3秒以内に対応し答えてくれる!!
という力説のプレゼンの映像を見て思わずエイプリルフールの嘘なのに
「すごい!!欲しい!」と思ってしまうほどのクオリティーの高さとリアリティーそしてプロフェッショナルを実感しました。
テレビをこれから作っていくに当たりこういった人をわくわくさせたり楽しませられる映像というのは共通することだと思うのでとても勉強にもなりました!
GoogleGoogleマップにアクセスすると地図が昔流行ったゲームのパックマンになっていてたりとても子ども心が満載の企画で共通していたのはどの企業さんも
「見ている人を楽しませる」というところだったように感じます。 
 
 
そして昨日木俣君が持って帰ってきてくれた梅の花が咲きました!
朝見ると咲いていたんです!



幸先いいスタートになりそうです!

入社初日

2015.04.01 新人AD木俣

初めまして、新人ADの木俣です。


4
1日、新社会人になる日がきました。今朝は緊張してしまい、朝3時に起き会社に行く準備をしていました。これから新しい生活が始まると思うとワクワクともしますが、不安で気持ちが落ち着かないのも事実です。新社会人になるときのこの気持ちは人生で一度きり。大事にしたいです。この今の気持ちを仕事に慣れてきても忘れずにブームアップで仕事をしていきたいと思います。


これから何回もこの名前“木俣”でブログをアップすると思うのでよろしくお願いします。

 今日は、今年の春から会社に入る3人、少し前から働いている2人、社長との6人でお昼を食べに行きました。

おしゃれなお店におしゃれな料理。。。

正直、食事の場でも緊張してしまいました。

ですが、11つの料理がとても美味しくて料理に夢中になってしまい、緊張が段々和らいでいきました。

 

とくに焼き魚が美味しかったです。空豆を乗せて食べると空豆の甘さと魚のしょっぱさが合って非常に美味しい一品でした。

 

 


これから入社が近いこの
5人で助け合い、競い合い、笑い合いながら仕事をし、成長していきたいです。

 

 

最後に、今日の料理に添えられてきた梅の蕾がついた枝を会社に持って帰ってきました。私たち新社会人も花が咲く前の蕾と同じ。この小さな蕾から無事に花が咲いた姿が見たいです。花が咲くのが楽しみです。

横浜マラソンを振り返って

2015.03.24 

 

こんにちは、新人ADのムラタです(^^)

 

横浜マラソン2015から1週間が経ちました。

ここで改めて、横浜マラソンを振り返りたいと思います。

 

私の横浜マラソンは打ち合わせから始まりました。

この時までに作った資料を持って打ち合わせに参加します。

変換ミスや誤字脱字など指摘されました。きちんと確認していたら防げていたことですよね…

 

その後も打ち合わせを重ね、内容を確認していきます。

 

*初めての経験

そして、とうとう前日リハーサル!まずは機材チェックをしました。

実際にスタジオから移動しゴール地点のパシフィコ横浜からテストをしました。

音声は無事に届いてるか、映像は正常に動いているか等を確認するため
スタジオに居るスタッフから“カメラの前で話し続けて”と言われました。

何を話せばいいのかよくわからず、恥ずかしさも交じってしまい
とても酷い内容になってしまいました…

この苦い経験を忘れず、次は上手く出来るよう頑張りたいです。

 

*大きな失敗

無事にリハーサルも終わり、いよいよ明日本番だ…というとき大きなミスが発覚しました。

実はコース上で中華街の門の横を通る箇所がありました。

中華街の門は複数あり、私はコース上で横を通る門とは、違う門をそうだと思い込み
今までずっとその違う門で通過時間の計算をしたり、地図を作成していたのです。

急いで時間を計算し直し対処をしましたが“確認”をきちんと行っていれば
もっと早くに気づけていたのに…と思い、落ち込みました。
しかも事前に行われたロケハン等、気づくチャンスはありました。
私はそのチャンスを無駄にしてしまったのです。

 

どうしたらきちんと出来るようになるのか…

当たり前なことをやるのは簡単なことだと思っていました。

ですが、何度も同じようなミスをしてしまいます。

 

そんな時、ボスが教えてくれたのは

“「当たり前」は努力しないとできない”です。

 

カッコいい仕事をするには常に意識して、努力しなければいけない…

これからは当たり前を当たり前に出来るよう努力して頑張っていきます!

 

 

 

横浜マラソン2015でプロポーズ大作戦!

2015.03.18 新人ADタナカ

こんにちは!2日連続登場させていただきます。

タナカです!

今日は3月15日の横浜マラソンのお話です

 私は本番当日“ゴールイベント”のスタッフをしていました。

まずゴールイベントとはゴールゲートの横にステージを作り、そこにはDJブースや

大スクリーンもあるような場所で、栗原 治久さんがメインMCをして、

走りきったゲストランナーにお話を聞くといった場所です。

 また今回ならではのイベントでもある、“ゴールでDJにメッセージを読んでもらう”

という企画がありました。

それは13.14日行われたEXPOで事前にランナーの皆様にこのようなアンケートを

書いていただきました。


メッセージの内容は「最後までよくがんばった、自分!」や

「先月生まれてきた息子へ。お父さんはこのフルマラソンを最後まで諦めず走りました。

なのであなたも人生で色々あると思うけど何事も最後まで諦めず、走ってください。」

のような、人それぞれのメッセージが沢山ありました。


 それを「企画=実際にインタビュー」「読み上げ=DJが読む」に分けて、なるべく多くの

人の熱い気持ちを紹介できるよう、ガンバりました。そして

お知らせ君(ゴール手前で知らせてくれる機械)、目標タイム、

チップ(ネットでランナーのおおよその場所が分かる)を使い、ランナーを探します。

 ですがあくまでも“生放送”なので、台本通りにいかないのは当たり前です。

「やっと企画ランナーがゴールへ来た!」と思ってもその時はステージでゲストがトークを

していたりと、なかなかタイミングが合わず、見送りばかりでした。そしていよいよ

マラソンも6時間経った時に、最後の企画ランナーが走ってくる速報がきました。

すぐさまそれを先輩ディレクターに伝え、そこから待機しているカメラ、

ゴールキャッチャーへ伝わり、企画ランナーを捕まえることができました。

そしてその企画ランナーはインタビューブースへ行き、

「結婚をしてください」とプロポーズ!!!   答えは・・・「YES!!

と同時に会場全体も大盛り上がり。


 こちらまで温かい気持ちになりました。

最後の最後に企画が成功し、横浜マラソンも無事終了し、

ホッとしました。そんな横浜マラソン、ぜひ来年も

この企画をお手伝いさせていただきたい思いました。

ランナーの皆さん、応援していただいた皆さん、本当にお疲れ様でした!!


「2、5万人のランナーの皆様“横浜”を走ってみて、世界が変わりましたか?」


横浜マラソンEXPO2015

2015.03.17 新人ADタナカ

こんにちは、ADタナカです!


 私は、3/15に行われた横浜マラソンの前夜祭として13日、14日にパシフィコ横浜・展示ホールにて“横浜マラソンEXPOイベント演出”のスタッフをさせていただきました。

 私たちの担当はステージで「ENJOY横浜マラソン」と題し、よしもと芸人さんやスペシャルゲストに出演していただき盛り沢山なイベントを行いました。そのなかで私がしたことと言えば…本番までの1週間は、クイズコーナーでの裏取り・許可取りをしたり、本番ではMCさんが立つテーブルへ事前に台本やトークで使う物を始まる前に用意したり、その場を仕切る演出のアシストをしたり…やはり生の現場では臨機応変が試されるなぁ〜とひしひしと感じることが多々ありました。

 

 また思い出に残っている事はたくさんありますが、そのなかでも

私個人が1番グッときたのは、ライブペイントをされていた

“アーチスト山下良平”の作品です。

わたしはEXPOで当日、ステージ上のスタッフをしていたのですが、山下さんの作品を何分かおきに撮影もしていました。それがこちら!★

何が凄いかというと、まずは写真でも分かると思いますがキャンパスの大きさ。

これなんとヨコ5m×タテ2mの大きさなのです!

また紙質は少し普通の紙とちがっており、ザラザラしていました。

描くスピードにも驚き、ひと塗りで一瞬にして絵の表情が変わります。

 

また今年の横浜マラソンのテーマ『横浜を走る、世界が変わる』。

山下さんは「ランナー達が見たいであろう景色を表現する。これを見てモチベーションをあげてくれたら嬉しい」という応援の気持ちのもと描いており、その後ろでは会場に来たランナー達はゼッケンを手にし、立ち止まって絵を見ていました。明日、明後日に控えている、一人一人の思いをのせた横浜マラソン。ランナーはその絵を見て、なにを感じているのだろう?と私はそのたくさんの背中を後ろで見ていました。

そして本番当日もこの作品は会場に置かれ、ランナーたちを迎えていました。

本当に作品通りの躍動感と感動がゴールで見ることができました。

 

 今回のメインはマラソン大会なのですが、マラソンだけではなく、マラソンを通して内容の濃いイベントもあり、ランナーたちを二日間に渡って当日をワクワクさせることのできる、より楽しめる“横浜マラソン”は最高だ!と思いました。ぜひ来年も皆様お楽しみに♪


横浜マラソン2015

2015.03.16 新人ADムラタ

 

3月15日に開催された横浜マラソン2015。

私はテレビ神奈川さんで放送された7時間半の生放送にご協力させていただきました。

 

私の仕事内容はランナーが“何時にを通過するか”を、ランナーと一緒に走っている連絡ランナーから聞き出し、それを元に計算して通過予定時間を出すという仕事でした。この作業がなければ、いつ通過するかわからなくなり上手く番組もまわりません。責任重大なのです。

そして番組早々、計算表にミスが発覚しました!とても焦りましたが何とか原因を見つけ直すことができました。ですが事前に全てテストしておけば防げていたなぁと思いました。

 

さて計算が出来、通過時間がわかったら今度は通過予定時間前後で、目の前にあるモニターからランナーを探します。


ですが!!!2万人も走っている人の中から探すのはとても大変です。

そのため連絡スタッフは目立つようなTシャツと帽子を着用します。これで見つけやすくなります。


無事にランナーを見つけ、その方を撮っている映像が放送されると嬉しかったです!

 

今回改めて、スポーツは感動するな〜と思った1日でした。

走られた方・応援していた方、みなさんお疲れ様でした!!!

第38回日本アカデミー賞

2015.03.05 新人AD タナカ

 久しぶりの登場です。ADタナカです。

私はこのブログで姿を消してから、2つの特番に携わりました。

 
 そのなかでつい最近放送された日本アカデミー賞では、「紙の月」という

映画を担当したのですが、受賞された4人(宮沢りえさん、池松壮亮さん、

小林聡美さん、大島優子さん)については檀上質問もあるので、とことんリサーチをし、映画も何度も見ました。思ってた以上に、このリサーチが大変で他の映画のリサーチも含めると自分の身長くらいの量ほどの雑誌や本を読みました。

またあまり経験できない、映画会社でのミーティングや、品川にある高輪プリンスホテル(授賞式会場)でのリハーサルも行いました。

   

 

 

本番当日、制作側はほぼ会場には居らず、テレビ局のメディア変換での作業でした。

生放送ではないのですが、授賞式から放送まで時間が限られているので、現場はとても 大慌てです。そのなかで私達ADは“コピー隊”をしました。コピー隊と言ってもただ単にコピーするだけではなく、編集しているディレクターさんや映像を送るリモサブさんへ送られてきた授賞式のスクリプト・テロップ発注書・タイムが書いているラップ表…大切なそれらを

確実に!かつスピーディーに!用紙を渡さなければなりません。なんとか無事に授賞式も、放送も終えることが出来たときは…ホッとする間もなく(笑)高輪プリンスホテルへ後片付けに行き、1日を終えました。

 私は2つの番組をさせていただいてまだまだ未熟ですが、改めてたくさんの人達でひとつの番組が作られているのだと体感させられました。そして、特番だからこそ沢山の方々と巡り合うことが出来、今が少し寂しいくらい毎日すごく楽しかったです。

 次は3
/15に横浜マラソンがあるので、これらの経験を生かし、頑張りたいと思います!

3年目の新たな挑戦

2015.02.23 新人AD

皆さんこんにちは

今月からブームアップにお世話になってるクボタです。

 

今までADを3年間経験し、次のステップアップのためブームアップでこれからお世話になる事を

決めました。

 

僕が何故ブームアップを選んだか・・・

それは面接のとき社長と話をしてみてブームアップであれば成長できると思ったのと同時に、

アナザースカイという興味のある番組を制作していたからです。

 

ブームアップにきてまだ1ヶ月もたってないですが、チアリーディング大会の撮影とオフラインを

させてもらいました。2カメ(寄った映像と引いて撮った映像)での撮影で僕は寄りの重要なカメラ

を撮影させてもらったのですが、全然うまく撮影できず編集で使えたのは、ほとんど引きで撮った

映像となってしまいました。

 

せっかくこのような経験をさせてもらっているのに自分の実力のなさにつくづく反省しました。

もっと実力をあげるため努力が必要だと感じさせられました。

今後ディレクターを目指すにあたって、もっと責任ある行動しなければいけない事、任せてもらえる

ような仕事は自分をアピールできるチャンスであり、その事に対して徹底的に勉強しなければいけな

い事、そして一つの事に目をむけるだけでなく全体を視野にいれ行動できるようにならなければいけ

ない事を痛感しました。

 

ブームアップで働く中、ADの経験はあるものの怒られる事も多々あります。

しかし理不尽な怒られ方をしたこともなく、自分のダメな部分を注意してもらえるので有り難く受け

止める事が出来ます。ブームアップの印象は社員1人1人に目を配ってくれる社長がいる会社だと

感じました。大きな会社だとなかなか社長がご飯に連れて行ってくれるなんて事もないですが、

ブームアップでは連れて行ってもらえる時があります。そして、社員の人達も仲が良い会社です。


ブームアップで成長して、認めてもらえるような人材になれるよう頑張ります!

東京がひとつになる日

2015.02.22 新人ADムラタ
今日222日に東京マラソンが開催されました。

ブームアップでは、毎年東京マラソンの番組制作のお手伝いをさせて頂いています。

今年は私も参加し、皆で頑張りました!

 

では、どんな仕事をしていたのかを紹介していきます。

 

まず初めはこの写真!

これは、ランナーと一緒に走っている撮影スタッフに、「交換所がココにあるます!」と、

分かりやすくするために、看板を持って撮影スタッフを知らせます。

沿道にも多くの応援者が居るため、この看板が良い目印になります。

 

この交換所ではカメラの交換や撮影スタッフの交代が行われます。

その様子がこちらです。

 

 

そして、ランナーを撮影するため、一緒に走ったスタッフもいます!

写真を見て分かるように、

重い機材を背負って走る姿はカッコよくて凄いと思いました!

 

又、このように本部と連絡を取り合い

情報を交換する役割など様々な仕事があります!

 

他にも、スタート地点やゴール地点、本部で活躍してくれたスタッフもいます!

こうして皆で協力し合い、今年も東京マラソンを無事に終えることが出来ました。

 

私は初めて東京マラソンをやらせていただいたのですが、

実際の現場を体験してみて、生放送ということもありバタバタしたときもありましたが、

ギネスに挑戦する方、仮装して走る方、仲間と一緒に走る方、など

色んな方が、それぞれの目標のため、ゴールを目指して走る姿を目の当たりにし、

応援する側の私達も勇気や感動、笑顔をいただきました。

やっぱりスポーツは良いですね!

 

次の東京マラソンは1年後!

来年は今年よりもバージョンアップして頑張りたいと思います(*^^)v

来年はどんな方が走るのかなぁ〜

今から楽しみです!!

 

 

 

 

カッコいいAD

2015.02.19 新人AD

最近バタバタと忙しくさせていただいているムラタです。

その中で、色々な経験をさせて頂き、たくさんの資料を作る上で
パソコンスキルや文章の知識が上がっていっている気がします
(^^

 

さて、今回は今やっているお仕事での失敗談を3つ載せたいと思います。

 

【1】   集合場所の紹介をするときに、ある1つの最寄駅からの行き方を伝えました。

→ですが、先輩に「他に駅はないの?」と指摘を受け、探してみたらありました。

集合場所へ来る人によっては、もしかしたら私が紹介した駅ではない駅の方が楽な場合もあります。

これは完全に“リサーチ不足”でした。

そして普段気にならないことも気にする努力をしなければといけないと思いました。

【2】たくさんの情報が記載されている資料をお渡ししました。

→そのまま渡したところ、「必要な情報が見つけにくい」と言われてしまいました。

渡す前に必要な部分をマーカーで引けば、スムーズに見つけることが出来たのに

それに気付くことが出来なかったのは、私の“思いやり不足”です。

渡すことで満足せずに、受け取る側の人のことも考えて行動出来るようになりたいです。

【3】説明会で私があるモノを紹介する際、紹介する時になってから準備をしました。

→順番が来てからではなく、事前に準備が出来ていれば、カッコイイですよね。

 これは私の“責任感不足”だなと思いました。

 どんな作業でも自分の役割にきちんと責任を持ち、自分の番になったら勢いよく出来るくらい

 1つ1つの仕事に全力でぶつかっていかないといけないのかなと思います。

 

このように失敗はしましたが、「じゃあ、どうすればよかったのか」と考え、学べたことがたくさんあります。
だからと言って失敗を繰り返すのではなく、失敗から学んだことを他のことにも活かし、
失敗を繰り返さないことが大事なのです。

 

前に先輩が私に言ってくれた言葉があります。

「カッコいい仕事をしてカッコいいADになろう」

カッコいいADになるためには、まず失敗をしないこと。

1つ1つの仕事をリサーチ、思いやり・責任感を持ってやっていければ…と思います。

 

本番までの残りわずかな日数、カッコよくなれるよう頑張っていきます(^^



ロケハン!

2015.02.05 新人AD ムラタ

昨日は先輩方と東京マラソンのロケハンに行ってきました!

 

ロケハンとは…ロケーションハンティング!

今回は実際に選手が走るコースを通り、

地図の確認やシミュレーションをしました!

 

マラソンを経験したことがない私にとって、

このロケハンで直接、場所を見て、動きを教えていただくことで、

当日の流れを理解しやすくなり、とても勉強になりました。

 

この日は品川エリアと日本橋エリアを合わせて5km程歩きました。

街もすっかり、東京マラソンのムードになっていました(^^)

   

 

今年の東京マラソンは2/22

残り2週間ですが、準備もろもろ頑張ります。

フジテレビで放送するので、是非ご覧ください!

 

 

 

ブームアップから初の“産休・育休”

2015.02.03 新人 総務・経理 N


今まで総務・経理をやっていた社員さんが
2月より産休・育休に入ります。
ブームアップから初の“産休・育休”ってことで
社長が景気づけにとランチをご馳走してくれました。
僭越ながら後任の私もご馳走に・・・すいません・・・

場所は高級ホテルだったのですが、
経験がない新参者の私には敷居が高すぎて
ホテルに入るところから緊張でした(汗)



お昼からフレンチのコース\(◎o◎)/
出てくるもの出てくるもの
オシャレでもうビックリでした!!!




こんな経験今後あるんだろうか・・・とも
ふと考えつつ美味しくいただきました。

最後のデザートで社長より粋な計らいが!!!



左下に“元気な赤ちゃんを生んでね”って見えますかね・・・?
お腹にいる赤ちゃん!元気に出てきてねーっ!

って訳でもう産休・育休に入ってしまったので、
休み明けママとして戻ってきてお話を聞くのが今の楽しみです!

それまではわたしが穴を埋められるようガンバリマス\(^o^)/

初めての番組制作

2015.01.23 新人ADムラタ

 

 

今回は、前回の“準備〜収録まで”の続き!

“編集〜納品”までの様子をお伝えしたいと思います。

 


収録が終わると次は、

「9」編集

素材をもとに映像をつなぎ、それにテロップやエフェクトを加え、調整をしていきます。

視聴者に分かりやすく魅力的だと思わせる作品にする必要があるためセンスが問われます。

初の編集室!私は主に編集された映像に間違いがないかをチェックしていきました。

ここで役に立ったのが「4」テロップおこしで作った資料です。

資料と画面を見比べ正しくテロップが入っているかをチェックします!

編集が終わり、映像が完成したらテープにダビングをします!

この編集作業……始まったのが朝の10時。そして終わったのが朝の7時過ぎ。

ムラタ、初徹夜を経験しました。
でも、これからはもっと徹夜があると思うのでいい経験になりました!

↓このような感じで編集が進められていきます↓

 

「10」MA

出来上がった映像に効果音や音楽、ナレーション等の音入れをして、作品を仕上げる作業です!

音楽が加わると、とても迫力のある作品になり、感動しました!

MA室に入るのも初めてで、ミキサーさんに「珍しいモノでもある?」と言われるくらい

機械など、興味津々になり部屋中を見まくっていました(笑)

 

「11」編集

「あれ、また編集?」と思っている方も居ると思いますが、そうです。また編集です。

実は「9」で編集した映像を先方にチェックして頂いたところ、

訂正部分があったのでMA後に再び編集作業をしました!

この様に何度も編集を行い、より良い作品に仕上げていきます!

 

さて、編集も無事に終わり、後は翌日に納品するだけになりました。

 

ところが!!!次の日!!!

1つテロップが間違っていたことが発覚。

急いで編集室を抑えてもらい、無事直す事が出来ましたが、

私が昨日の編集時にきちんと確認していれば、こんなことにならずに済んだのに…と思うと

色んな方に迷惑をかけてしまったことにとても申し訳なく、

又、確認不足という簡単な作業でミスをしたことに悔しくなりました。

自分にはまだまだ確認が足りないだと痛感し、

これからは何度も何度もチェックをしていこうと決めました。

 

そして、やっと

「12」納品

完成したテープをテレビ神奈川さんに納品しに行きました!

 



 

以上が、私の初めての番組制作の様子でした!

今回の経験で本当に学ぶことがたくさんありました。

番組制作の雰囲気を知れたことが、私にとって大きな収穫でした。

まだ在学中ですが、早くに研修に出てきて良かったと思えました。

 

今回の番組制作で自分の良かったとこ。悪かったとこ。

すべて含めて、次に活かせていけたらいいなと思います!

 

 

初めての番組制作

2015.01.22 新人ADムラタ

 

1ヶ月振りの登場!ムラタです。

実はこの1ヶ月、私はテレビ神奈川で放送されるH.I.S.の通販番組に関わらせて頂きました。

今回は準備〜収録までの様子をお伝えしたいと思います!

 

「1」スケジュール作成

まず初めに行った作業です。このスケジュールをディレクターらに送り、

このスケジュールでは厳しい…というときは、スケジュールの調整をしていきます。

ちなみにこれはエクセルを使いカレンダー風に作りました。

 

「2」台本作成

前回放送時の台本を元に今年版を作成していきます。

これがとても大変で、何度も何度も直しがあり、
台本は確定したのは収録当日のギリギリでした。

 

「3」テロップおこし

前回の放送を見て、使われたテロップをエクセルでまとめます。

これはテロップを考える上での参考資料になります。

画面の端っこに小さく載っているテロップや、細かく書かれているテロップなど、

普段は見落としがちですが、内容を読んでみると“入れる必要性”を実感しました。

又、大きさや場所なども分かるように、1つ1つ画面の様に枠を作り、

その中に文字を入れるという風に作成したため、時間もかかり大変でした。

そして、出来あがっと資料をもとに今年版に作り直すという作業もありました。

 

「4」素材管理

まずお借りした素材を全て再生し、使用できる部分を探します。

この素材でVTR部分が作られていくので、映像・写真の有無によりVTR内容も変わっていくので、見落としがないように慎重に取り組みました。

次に、お借りした素材のリストや、どのテープに何の映像・写真が入っているのか分かりやすいように素材内容をまとめた資料も作成しました。

そしてこの素材をファイナルカットに取り込みます。

 

「5」許可取り

現段階の台本上で足りない素材を探し、電話やメールで使用許可を取ります。

しっかりと説明しないと許可が頂けないので、
丁寧な日本語を使うという点がとても難しかったです。

電話応対やビジネスメールなど社会人としての勉強がもっと必要だなと思いました。

又、素材がなかった場合は台本を訂正しました。

 

「6」収録準備

まずは「カンペ作成」台本を元に、カンペ用に文字を拡大し1枚1枚貼り付けていきます。

演者が読みやすいように上手く改行したり、色を付けたりしました。実はこれも前日に作成していましたが、当日台本の訂正があったため作り直し、収録ギリギリに完成しました!

他にはテープやマジック、カメラ等の機材、台本など収録に向けて必要なモノを揃えました。

 

「7」収録

今回はH.I.S.さんの会議室で行われました。
到着次第、まずは撮影場所を決め、機材を設置して、ポスターを貼りました。
収録では、現場の雰囲気を味わうことが出来ました。

 

 

「8」収録後

会社に戻ってから、すぐに取り込みをしました!

これで「4」で取り込んだ素材と合わせ、編集に使う材料が全て揃いました!

 

 

…と、(1)はここまでになりますが

この経験を通して、収録までにたくさんの準備があるのだと知りました。

もちろん知らないことばかりで、とてもとっても勉強になりました。

特にパソコンを使う作業がとても多く、パソコンスキルが上がった気がします!!!

最初の内は番組を作る実感もあまりなく、言われたことをやるだけでしたが

どんなに小さい作業でも“番組に繋がる大切な作業”だと教えていただき

それを実感し、“責任感を持たなければいけない”と思いました。

中には大変な作業もあったけれど、それが役に立ったときはとても嬉しかったです。

 

さて、続きの“編集〜納品まで”は次回ご紹介いたします!!!